おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠足・・・Rocky Reach Dam

<<   作成日時 : 2014/07/29 09:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2

またまた真夏の暑い日差しがガンガンと、そしてビシビシとさしている今日のココウェナッチ、皆様いかがおすごしでしょうか?


ガンガンとかビシビシって、日のさす音じゃないよね。燦々・・・とか言う方があってない?



いや、でも燦々ってのは、明るくてすがすがしい、まぶしい太陽!って感じだよ。猫の家のあるウェナッチはさ、すがすがしいっていう日差しじゃないんだよね?じりじり暑いんでしょ?痛いんだよね?



そのとおーりー!日陰から一歩お日様だまりに踏み出すと、サンダルの底が溶けて、んにょーって伸びるんじゃないかい?っていう暑さなのよ。


さて、真実はさておきー
(ええ、冗談ではありませんから。)


先週土曜日に何も予定のなかったでいびと私、近くにある Rocky Reach Dam で、オープンハウスをやってるよ!という記事を新聞で見たので、ちょっと行ってみようということに。


*オープンハウスをやってるよ・・・、という表現はしっくりきませんね。オープンハウスだよ!?オープンハウスを開催してるよ?うーーーん・・・違うなあ・・・簡単な英語を日本語に訳すのって一番難しいです。
(あ、私の能力が足りないともいいますが。)


画像

駐車場でパチリ!紫色とシルバー(白っぽいの)のは、お花が植わっているのです。手前に流れている段々の水路は、魚の通るFish Ladderの一部。


その日は一般の人誰でも入れて(結構今の季節はいつもビジターセンター開いてるはずですが。)、ガイドをしてくれたり、事前要予約制でしたが"Hard Hat Tour"ってのもやっていて、ヘルメット着用でターバイン(プロペラ)がどう働くかなんていう内部ツアーもやってました。


私たちはシンプルなガイド無しツアーを。
(何のことはない、ダムのミュージアムやら、Fish Ladderを好き勝手に見て回っただけ。)


一応ね、テロリストなんかに狙われる可能性のある場所ですから、入場の際にはゲートを通過するんですよね。そこでセキュリティーのおばちゃんが英語で「何の用で来たの?」なんて聞くから、一瞬私は(何の用ってさ、オープンハウスだろーが!?)とムッとなりながらも、でいびはニコニコで「オープンハウスって聞いたから、見学しに来たんですけど。」と・・・冷静に答えてました。偉かったね、でいび。(お天気が良かったせいかしらん?)


いつもムッとなりやすいのは、でいびのほうだもんねぇ。不思議な事もあるもんだねぇ〜。


な、なにお言うっ!ボクはいつもニコニコだよ!



うそっ!ええっ!?そうだっけ?いつもニコニコだっけ??)



それで、そこを難なく通過して、車を止めてまたも今度は建物の入り口で警備のおいちゃんが「ここにバッグを置いてね。金属製のものは、このトレイに入れて。」ってさ、空港で通るセキュリティーの・・・アレ、なんていうんでしたっけ?金属探知機っていうんでしたっけ?それを通されるんですよ。



で、そこをクリアするとすぐそこにはカフェテリアが



・・・って、そんなに来てすぐにはお茶なんかしませんが。



その建物の下の階には、Fish Ladder といって、川を上ってくる・・・下がってくるのもいるけど・・・魚が行く手を阻まれる事なく通過できる魚さんの通路、を覗く事が出来る窓があるんです。


画像

こんな感じね。「あ、人間だ・・・!」と、魚さんも見てるんでしょうか。



画像

「んがっ!」流れが速いので、写真撮るの一苦労です。



このFish Ladder, どこのダムにも必ずあるというわけではないのですが、あるとお魚さんたちうれしいですよね。好きに行き来出来るし。上流ぅ〜下流ぅ〜上流ぅ〜♪ってな!


画像

このパイプもお魚さんたちの通り道なんですって。



このコロンビアリバーには、お隣アイダホ州の州境近辺のも含めて、合計18のダムがあるらしい。そのうち6箇所は国の管理下にあり、レーザーショーで有名な、Grand Coulee Damが一番規模が大きい。



画像

う、うちだって負けていませんぜ!と言う、ロッキーリーチさん。上流から流れてきた雪解け水をリリースして、下流の水位のレベルを上げます。



ミュージアムは小さいんです。でもこの地域の歴史などが学べて楽しい。子供さんたちは好きかもね?えっ!?飽きるかな??



画像

ミュージアムから、パワーハウスを望む。まあるいのがたぶん新しく設置される(のかな?)ターバイン。修理中??聞けばよかった。


建物の外では、現在そこで働いているダイバーさんたち5人が、いろいろとお仕事の説明などしてくれました。面白かったのは、説明を聞いているのが中年〜老年のおばちゃんたちばっかり!真剣に話を聞いて、質問も沢山して、ダイバーさんたちがかぶる水中マスク・・・シュノーケル用のではなく、頭からすっぽりかぶる重いものだ。マスクと言うよりヘルメットだな・・・を試したり、深水から上がってきて気分が悪くなった時に入るタンクなどを覗いてきゃいきゃい♪楽しんでました。



まあーおばちゃまたちったら、若いダイバーさんたちが気に入っちゃったのかしら??



画像

ダイバーさんたちの説明などを聞いたトレーラー。



ここは家から30分もかからない場所なので、次回はピクニックにでも来ようかな?と。



画像

景色良いしね。



画像

星条旗の花壇。赤と白はベゴニア。黄色はマリーゴールド。青は・・・忘れた



そうそう!こんなボーナスにも出会いました。


クリックすると拡大されて良く見えますよ。
画像

「じーーーーっ。」このあたりにお住みの、Bighorn Sheepのご一行さん。上の大きな岩場から駆け下りてきましたよ。
転ばずにタラン♪タラン♪と、あんなに急な坂をどうやって・・・??といつも不思議に思いますわ。




あー、今日からまたくそっ暑い日々が続くらしい・・・また暗闇に潜むように、暗くなってから行動するバンパイヤみたいな生活になるのね・・・


早起きするって手もあるんだよ?それは考えないの??


うーーーうーーーむにゃむにゃ・・・



早起きが苦手な猫でございます。



画像

ふんっあたしたちは早起きが得意だわよ。猫のくせに変よね!



だ、だまれっ・・・!



ではね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おおーっ!
Fish ladder!いいなー。って何が?
私もずいぶん前、まだアイダホに来て一年目位の頃、オレゴンのHermiston(?)のダムで見たことがあります。けど、そのころ、全然興味がなかったので、あまり覚えてません。
サーモンのほかに、スタージョンがいたのを覚えてます。

お写真の魚は、サーモンですね。
Big horn sheepは、夫によると、若いオス(Lam)の群れだそうです。いいなぁ、私はまだBig horn sheepのオスを見たことないんですよ。

この場をお借りしてですが、ハラペーニョは、赤くなると少し甘味が出て、辛さが収まります。辛いのは、一部黒っぽくなったのが、普通の緑のよりものすごい辛さになるんですよ。
トマトさんたちも無事に赤くなったようですが、実が生らない方のトマトさんは、いかがでしょうか?

また、ゆっくりと連絡しますね。
コルネ
2014/07/31 10:43
コルネさん、
お帰りなさ〜い!
木こりの旅はいかがでしたでしょう?
またブログで読ませていただきますね。

Fish Ladder!良いでしょう〜♪
(って、私も何が?ですね。)
水の流れが速くて、魚がしゃあ〜!とこっちから来たと思ったら、またしゃあ〜!っとあっちからやって来て、隣に立って写真を撮ろうとしてたおばあちゃんがシャッターチャンス逃しまくりで「思ったより難しいわね…。」と文句言ってました。
なのでサーモンやら何やら、いろんな種類と大きさの魚が通り過ぎても、私にはどれが何やら…
おばあちゃんとは反対側に立って、ひたすら魚を見つめていた男性は「これは〇だな。」「あれは×だ。」と、もしやあなたは魚博士っ!?と思わせるような知識をお持ちで、聞いたらやっぱりベテラン釣り人でございました。

ハラペーニョ!
小さいんですけど、ピリッとしておいしいです。
で、何でもかんでも入れて食べてます
赤いのは『超辛』なのかと思ってました〜。
黒かったのが赤くなったのがあるんですが、敬遠してました
そうか、少しパプリカ風になるんですね(?)。
試してみます。

実の生らなかったトマトは、相変わらず健康に育って花咲いているんですけど、実は無しです(涙)。
もしかしたら『土』がお気に入りではないのかも。
来年土を調整して、再挑戦してみます。
おれんぢ猫
2014/08/01 03:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
遠足・・・Rocky Reach Dam おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる