おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 家を買うならああ〜〜〜っ!?

<<   作成日時 : 2013/12/11 07:34   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

「あのさ・・・君たち、暗いところに座ってるよね。大丈夫?」





画像

「う・・・。」






画像

「それにさ、後ろの壁紙・・・ちょっとうるさげだね。」





そうなんです。
この度購入いたしました新しい(古いけど)家、壁紙が・・・うるさいんです・・・
(でも一部だけよー。)





 






今度新しく買った家(古いけど)、実は1920年築(ね、古いでしょ?)という本当に古い家なんですよ。





画像

「へえ〜っ。古い古いって、でもそんなに古いんだ!ぼ、ボクは・・・どうでもいいけど、き、きついなあ、ここ。」




アメリカでは中古の家を売買するのは普通の事です。




私もでいびもむしろ古い家の方がチャーミングだと思っているほうなので、今回見て回った家もゼーんぶ古い家ばっかでしたよ。




確かに新しい家の方が、メンテナンスの心配が少なくて良い・・・と思われる方もいますよね?




でもでも、古い家でも基盤がしっかりしていて、前住人の方がきちんとメンテナンスをしている家ってのはちゃんと存在するんですよ。




今回買った家は、そんな家なんです。
1920年築のクラフツマン・スタイル(Craftsman Style)の家。





画像

「でも、壁紙がうるさいんでしょ?でしょ?」





家との出会いってのもあるもんですねぇ〜。





『縁』というか、ね。





この家は、初めて見に来たときには「ふん・・・1920年築ねぇ・・・でもそれにしてはきれいよねぇ・・・。 ちょっと面してる通りがうるさいかも・・・?・・・まあ・・・でも・・・造りはしっかりしてそうねぇ・・・。ベースメントも・・・あら、くもの巣ひとつ無いのねぇ?ふーん。」と、ちなみに言う”Wow factor”(うわあ〜素敵!とか、おおおーっすんごいじゃないか!とうならせる要因のこと。)は全くありませんでした。




でも、どこが好きというのが無かったにも拘らず何故か3度も見に戻り、どうしても自分たちの”お気に入りリスト”から外す事ができなかった家なんですよ。





画像

「ボクはこのかごがお気に入り〜!」





 不思議よねぇ〜。





そして購入する際にあたり、売値よりも少し低い値段を提示してみましたが、それをすんなり受けてもらえました。





それからメンテナンスの面で、いくつか直してもらいたかったところがあったので、それもしっかり提示したところ、それも全て受け入れてくれて。





どうしても売りたかったのか理由はわかりませんけど、決めてからはあれよあれよとスムーズに事が進んでよかったです。




そうそう。 家を買う時にとーっても大切な事、今回も実感した事があります。





それは良いクレジットスコアを常に保つ事。





日本ではクレジットのスコアなんてあまり気にしませんが、アメリカでは何か大きな買い物をする時(例えば車とか家とか)ローンを組むにあたってこのスコアが重要な決め手になるんです。





でいびも私も幸いにしてそれが良かったので(その上ダウンペイメント(Down payment=頭金)の額が多かったから)、「職無しの私・・・危ないかなー?」という不安もありましたが、ローンも良いレートで組む事が出来ました。





現金でポイッ!と買う事が出来れば良いですけど、ローンをしないと買えない…という事なら、買いたい家を見つける前にモーゲージ(Mortgage・・・これも日本では聞かないですよね。)についてちょっとお勉強をして、自分たちの予算・クレジットスコアでは、いくらくらいの家を買う事が可能なのか調べてもらう事、そしてローンを受けてもらう事が大切です。




 ほしい家が見つかっても、買えなきゃ仕方ないもんねえ〜。





画像

「ふんっ!そんな事知ったかぶって!」





 で、でも大切なんです。 ローンの額は自分で決められないから・・・。






 ま、そんなとこで、ココWenatcheeでの新しい生活が始まったわけでごあす!





この家はちょっぴり忙しい通りに面しているんだけど、バス乗り女の私としては超便利。
バス停も何件か先の家のまん前にありますし、何となーく日本の実家を思い出させるような、そんな懐かしさを感じさせるような家なんです。





画像

憧れのカントリーキッチンに出会えましたし。






「これから何年もココで暮らしていきたい・・・」と思わせる良い家に出会えました





 でもさあ〜、壁紙はどうするのォ?





主寝室(Main bedroomね。無理に漢字を当ててみました。)の壁紙・・・これがねぇ・・・





全く趣味じゃないんです!!





 ココだけ・・・何故なのォーーーー???





とお口あんぐり!の、花柄と濃いグリーンの壁紙・・・






 コレだけはどうかお許し下さいまし・・・。





ということで、暖かくなって窓が開けられるようになったら、リモデルさせていただこうかと計画中。





今から何色のペンキを塗ろうかと考え中〜





では皆様、今日はこんなところで〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほどーーー
私たちも、いつか、家を・・・とは思っているんです。
基本的には、しばらく日本に帰ることもないので、
こっちで家賃が毎年あがるアパートに住み続けるメリットが少ないし・・。
クレジットスコアで、ローンを組める金額が決まるって言うのはなんとなくは知っていましたが、
家を買うって、なかなか大変そうですね。。。
このあたり(今住んでいるあたり)に住めるならいいなと思うけれど、どんどん高くなっている一方なので、スコア的に、おそらく、無理だなぁ・・と言われそう。
じゃあ場所をどこまで広げるか、っていうのも、難しいところです。

ふう。
でも、遅かれ早かれ、マイホーム、見つけないとなーーって、いうのが、最近の悩みのひとつですよぅ。

ねこさんちに、いつか遊びに行けたらいいなー。
masaking
2013/12/12 09:35
Mさん(と、勝手に呼んでます…
Mさんご夫婦は、King君が大きくなって学校に行くようになる事まで考えないといけないのかもしれませんよねぇ。
と言うのも、シアトルにいた時(と、もうすごい昔のよう!)住んでいる場所によってどこの学校に行けるかどうか決まる…というので、いとこや近所の家族がとても悩んでたのを覚えているからなんですよ。
Mさんのところはどうなのかしらん?
日本人学校に行くのなら関係ないのかな??
Pre-schoolのあたりでも、良いところ、ラフな子どもが少ないところに行かせたい!と言う親の思いを叶えたい…っていうのがあるらしく、本当に子どもを育てるのって大変…と思いましたもん。
あ、今から不安な気持ちにさせる気はないですけど…ごめん!

気を取り直して…

家買おう!と決めたら、良いモーゲージ会社にまず相談するのが一番だし、その地域に詳しいエージェントさんを見つける事をお勧め!
うちが相談に行ったモーゲージのアドバイスをしてくれる会社、Mさんの住んでるところにもブランチがあるみたいです。
いつの日かその気になったら、メールしてくだされば、連絡先を教えま〜す。

ふふ…いつかぜひ遊びに来てくださーい!
そんなに遠くないから
おれんぢ猫
2013/12/13 04:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
家を買うならああ〜〜〜っ!? おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる