おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 血は人を語る・・・のか!?

<<   作成日時 : 2012/07/11 09:55   >>

トラックバック 0 / コメント 6

日本ではよくこんな会話がある。

「血液型なに?」「えっ!?私、Aだよ。」または「実はBなの。」それで、
「そうなんだねえーー!!わかるぅ!性格でてるよーーーー!!!」そして、「えーーー!?本当おおお???」というの。


これ、珍しくないでしょ?



日本人と血液型って、深い関係にある・・・訳じゃないけど、こういう会話が成り立つのは日本だけなのかも・・・とアメリカでは思う。



画像

ボクは・・・タイプ・・・Sです。 スパイダーのS!


アメリカではそんな会話は有り得ない。 というよりは、「へっ?そんなの全然関係ないんじゃない?」「そんなの信じる方がおかしいわ。」となるの。


どっかのニュースで見たときにも「そんなことは科学的根拠が全く無い。」と言ってたしね。



 ホントにさ、夢もなーんも無い人たちだねぇ。



画像

あたしは「花型!」




人を観察していると、絶対と言って良いほどやることなすことがある特定の血液型にはまってくるのが見えてくる。
見えてきませんか?
そこでちょっと自信を持って「あなたの血液型は、×でしょう?」というと、たいていは「何で知ってるの?」と驚かれる。
(あ、知ってたらの場合ですけど。)
別に私は血液型のエキスパート!というわけじゃあありませんけど、人の血液型って何となくわかっちゃいませんか?



しかし・・・



アメリカ人の場合は、単に血液型に無頓着!ということも絶対言える。



日本では、自分のケースしか言えませんが、小学生の時に血液型調べませんでしたか?
ABO式と+なのかなのかって。


それをアメリカの学校ではしないんじゃないかしら??



それは個々のご家族に任せること・・・ということかもしれませんけどね。



画像

あたしにお任せしてください!!




例えばでいび→「・・・?」。 




でいびに以前「あんたの血液型、何なのよ?」と聞いたところ、「確か・・・×ネガティブだよ。」(×のマイナスってこと。)というお返事が。


この「確か・・・うーん・・・というのが怪しいでしょ? 日本人だったら「ボクはXマイナス!」「あたしは○プラスよ!」と、元気なお返事がサッ!と返ってくるのが当たり前な気がしますけど。
更には家族の血液型まで知ってるのが普通。


それが「えっ!?うーん・・・ボクが×だから・・・◎のはず無いんだよね・・・?」というメンデルの法則を逆読みする方式で、可能性のあるものを割り出していくという。



・・・。



開いたお口がふさがりましぇん



画像

ホントよ!パンパカパーン♪



ちなみに一応自分の夫ですんで、でいびのことを弁護しますと、やつはちゃんと知ってましたけどね。
(・・・でも+、−については、すんごくあいまいでした・・・





画像

あたしはウェディング・ケーキのクリームなんかじゃありません。
ちょっとおいしそうに見えるだけです!




科学的に証明されてなくても、根拠も何も無くても、ま、いいわ。


これからもパーティーで血液型当てゲームでもやって、驚かしてあげよう〜っと
(っていうか、そういうことを話題にするのも楽しいかも・・・って言うだけなんですけど。)



画像

いえいえ・・・顕微鏡じゃなくてもこんな風に見えるんです。
ちなみにボクも紫陽花なんですよー。




さて、お後がよろしいようですね・・・では☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
日本人って占いが好きですよね。
動物占いもすんごく流行ったし、
検索したら、もう、ものすごい数の占いが出ますもんね。
日本にいると、
血液が分からないと、もし事故にあったり病気になったりして、血液が必要なときに、家族が聞かれて答えられないのはおかしい、みたいな風潮がありますけれど、
考えてみたら、そういうときには、
病院ですぐに調べるので、困ることはないんですよね・・きっと。

私の知り合いで、
ずっとB型だと思って育ってきて、
自分もそうだと思ってたのに、
大人になって調べてみたらA型だったという人がいて、
えー、それって、自分はB型だからこんな性格・・みたいな暗示にかかってるってことなのかしら?と思ったことがありました(笑)
ちなみに私はB型なのですが、
仕事をしていたときは、みんなにA型でしょ、と言われることが多かったんですね。でも、結局大きな病気をすることも多くって。
そういうのは、本来の自分と違う姿で仕事をしているから、余計疲れるせいだと言われたことがあったんです。そのときは、なるほどー、と、ちょっとだけ納得しましたねー。日本人だからなのかしら?
masaking
2012/07/12 12:44
masakingさん、
うんうん、好きですね〜!
種類も沢山ありますよね。
日本人ってやっぱり”Spiritual”なのかな〜?なんて思いますね。

血液型はでも時々裏切られることもあるかもしれないですね。
この人は絶対A!と思ってたのに、実はOだったとか、
本当に全く根拠が無いことなのかもしれないけれど、話題作りには面白いと思います。

あらmasakingさんも、Bですか〜?
ふふふっ…実は私も…♪
B型でAと間違われるのは、一つにB型の人は一つのことに凝るからだと思うんです。
「これ」と思ったこと、決めたことにはとことん突き詰めていく性格でしょうか?
Aはきちんとやらない時がすまない。
そこんとこが共通してるから…かも?と、勝手に判断してまーす!
オレンジ猫
2012/07/13 09:40
確かにっ!
アメリカでは血液型うんぬんって話は
全くといっていいほどしませんよね〜
きっとOとAの人がほとんどだからでしょうか?
それとも・・・型にはめられるのが嫌なのかな?
ちなみに、私は堂々のO型です。
gooseberryY
2012/07/13 14:15
うふふ^^ 私は純粋のB型なの^^。
母も 父も B型なのよ^^。
コメントでも B型っぽいですか?

不思議と コメントの雰囲気で
その方の性格が想像できますよね。
ひょっとして 血液型もわかるのかな?
chigusano
2012/07/13 22:23
gooseberryYさん、
そうですよねぇ〜!?
話題に上がりませんよね?不思議と。
そして私も聞きました。
アメリカと日本とでは、血液型別人口の割合が違うんですね!
例えばアメリカではO−って貴重らしいですけど、日本だとB−だったり。

あ、でもわかります!
型にはめられるのが嫌なアメリカ人!!
それはあるかも!!!
オレンジ猫
2012/07/14 03:34
ちぐささん、
おお〜〜〜っ!ちぐささんも!!
BはBを呼ぶのでしょうか…

でも、そうかもしれませんね。
性格って文章に表れますね。
(…と書きつつ、気をつけよう…と思い直す
まあ、それもこれも個性ですから、いいんじゃないかなあ〜?ナンテ!
お気楽な私ですね!

オレンジ猫
2012/07/14 03:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
血は人を語る・・・のか!? おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる