おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS Fall of the Giant...正直者で行こう!

<<   作成日時 : 2011/11/11 10:31   >>

トラックバック 0 / コメント 2

アメリカではカレッジフットボールたけなわの今日この頃。

強い!と毎回上位に上がるPenn State University(ペンシルバニア州立大学)で、

ものすごいスキャンダルが持ち上がり、超有名コーチのJoe Paterno、そして大学のPresidentが首になったという。

アメリカではこれはものすごーいことなんですよ。

なぜかと言うとアメリカのカレッジフットボールは、たぶん日本の高校野球と同じくらい重要で

特に南部の州では「カレッジフットボール、命!」という人が沢山います。
(Penn Stateは、南部の州ではないですが。)

「たかがスポーツじゃんか!?」なんて言ったら何をされるかわからないくらいの伝統と重さがあるんだわね。

昨日の夕方のニュースでもテレビのどの局もこの話で持ちきり。

このコーチJoe Paternoという人はもういいおじいちゃんなのに、何年もヘッド・コーチとしてPenn Stateのチームを優勝に導いたり、強いチームに仕立て上げていったすごい人。

フットボールの世界ではGodfatherとも呼ばれているくらい。

なのに…

アシスタントコーチで、いつかは彼の後継者になるであろう人と呼ばれたJerry Sanduskyという奴が、

過去に何人もの男の子に信じられないようなとても悪いことをしていて(書けないようなひどいこと。)、しかも若い子供たちへのチャリティーの場を借りてのことで、その上周りにいた人々…Paterno含む…はその事実を知っていたのに警察に届け出なかったという。

Paterno一応学校の上の人にそのことを伝えたらしいんだけど、学校は何も手を下さなかったし

Paterno自身もそれで終わりにしていたの。

Sanduskyは一度はそのことで首になったんだけど、でも完璧に追い出されていたわけではなくって

その間も悪いことを続けていたんだってさ。

でもね、ついについにフットボールチームの…学校の面目のため今まで隠し通してきたこの事実が明るみに出て、

とうとう今その目隠しが目の前でガラガラと崩れていったというわけよ。

どういう神経だったのかしら?

どうやって今までそのことを、その忌まわしい事実を心の中にしまっていられたのか?

それが信じられない!!!!!

数年前にプロの、現在はフィラデルフィア・イーグルスのMichael Vickが闘犬(Dog Fighting)の件でPrison送りになった、

「犬をそんな風にいじめて、なんて悪い奴なんだ!!許されないぞ!!」

というニュースがあったけれど、このPenn Stateのスキャンダルはこれとは比べ物にならないほど。

たぶん百万倍かもっと悪いと思う。

当の本人は捕まったけれど、他に事実を知っていて知らん顔してしていた人たちは何の罪もかぶらずに

のうのうとしている。

被害者である子供たちは、何度「これで助かる…これでもう苦しまなくて済む…。」と何度思っただろう?

だってその現場に居合わせた人も居たって言うんだよ!?

そのまま見ないふりされるなんて想像もしなかったと思うよ。

絶対許せない。

どんなにPenn Stateがフットボールに力を入れていて、学生たちが「止めさせることはないじゃんか!」なんて言っているけれど(それも信じがたい。)罰を受けるべきだ。

Penn Stateはフットボールの栄光を守るよりも、人間として弱いものを守るという立場にいるべきだってことを

思い出してほしい。

大きな企業からの金銭支援も閉ざされるだろう。

Penn Stateに行きたい!と言う学生の数も減るかもしれない。

でもそれは仕方のないことだよ。

罪を犯したのだから、罰を素直に受けてほしい。

事実を知ったその時に隠さずきちんと処分していれば、少しの犠牲ですんだかもしれない。

被害を受けた子供たちにとっては、心の傷が一生消えないことだろうけど

時が少しずつでも癒していってくれることを祈るし、人は優しくなるだろう。

でも事件を今まで隠し続けて知らん顔をしていた人たちはもうこの事件から忘れられることはないだろう。

Penn Stateの栄光はこれで汚い、卑しいものでしかなくなる。

伝統なんてくそ食らえ、だ!

それでいいと思う。

そうやって少しでも罪を償い、小さな人間にもちゃんと「心」っていう物があって

握りつぶしてはいけないってことを学んでほしい。

どうしてだろうね?

お金や得、栄光の陰には、こんなに汚いじめじめしたものが隠れていたのに

誰もきれいにしようと思わなかったんだね。

Joe Paterno…静かにご隠居できると信じ込んでいたんだろうけど、

これからの余生、この事件に悩まされて生きていくんだろうな。

やっぱり人は正直に生きていかないといけません

画像


今日もありがとう☆

また応援お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
伝統を楯にとって卑劣な真似をする人って、どこの国も同じなのですね。
以前、アメリカのフットボールの人気がどれほどのものなのか、テレビで観たことことがあります。
この事件が、そちらにとって大ニュースになってるのか、判るような気がしますよ。
被害に遇われた子供さんたちの心の傷が、一日も早く癒されると良いですけど・・・
saeko
2011/11/15 13:26
Saekoさん、
こんにちは〜!
アメリカのフットボールはプロはきっとご存知と思いますけど、カレッジもすごい熱の入れようですよ。
ところでこの「事」は実際は15年も前に起きて、それからずっと続いていたようなんです。
無関心にもほどがありますよね〜!!
その時に子供だった人はすでに成人している人もいるらしいし。
毎日このニュースを聴いていると、また新たに何人もの被害者が名乗り上げてきた…とか言うんです。
全部で何人もの子供を苦しめてきたんだろう…と思うと、蹴っ飛ばしてやりたいくらい!
気味が悪い奴ですよねっ!!
本当に私も、被害者の方たちの心の傷が早く癒されるといいと思います。
オレンジ猫
2011/11/16 09:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
Fall of the Giant...正直者で行こう! おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる