おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS お隠れの猫さん家(ち)

<<   作成日時 : 2015/06/29 08:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

今日の雲。



はい、今日もまだ暗闇に隠れている猫です。でいびも同じく隠れてます。ひっそりと。



昨夜なんて、深夜過ぎになっても気温が華氏93度(摂氏33.9度)なんていう、恐ろしい(そうでもない??)夜でした。熱帯夜です。そんなだから朝方もすっきり涼しくなる事はなく、11時頃までにはまたあっという間に90度近くまで気温が上がりました。



やめて・・・




いい加減体が疲れてきますよ。何が一番疲れるかって言うと、外で運動・・・私は歩くこと!・・・が出来ないこと。「運動は朝の涼しい時にしましょう!」なんてさ、涼しい時間自体あまりないのだもの。参るわ。



その上このくそ暑い最中、お隣のアイダホ州コーダレーンでは、今日"IRONMAN COEUR D'ALENE"やってます(ました?)よね。この暑い中、体力のない私から見たら・・・



YOU GUYS ARE CRAZY!!
(あんたらちょっとおかしいよ〜っ!!てな。)




・・・えっと・・・こほん・・・きっとこんなお天気を期待してたわけじゃないだろうから・・・頑張ってくださいね・・・エエ・・・一応ね・・・




 もう遅いよ!



画像

こんな常夏風なお花は、夏の日差しに良く似合いますね。ちょっとうれしげにも見えます。



ところで日本のウェブニュースで、7歳の子供がドラム式の洗濯機に閉じ込められて・・・という事故があったと知りました。これに対していろんな人が、子供の母親が言った事に対して批判的なことを言ってるらしいですね。


その子のお母さん、ぽろっと「もう二度と同じ事が起きないように、洗濯機の製造側の安全対策もしっかりしてほしい!」と言ったらしいのですが、それに対して「えっ?それって親の責任じゃないの?」「それを他人のせいにしようとしてる!」という批判が押し寄せているとか。



それを見て、思わずへぇ〜っと思ってしまった私ですが、実際のところどうなんでしょう?



そりゃお母さんの注意不足だったのかもしれない。



そりゃ7歳くらいになれば、やって良い事と悪い事がわかっているべきかもしれない。



でも、7歳でしょ??まだまだ子供。子供だから、親から「やってはいけません!」と言われて、頭の中ではわかっていても、自分でやってみないと気がすまないものじゃないかなあ?子供っていろんなことに興味津々ですよね?



それに、お母さんが子供を一部始終監視している家ってあるのでしょうか?



「うちの子から1秒でも目を離したことはありません!」なんて言える親は存在するのか?



アメリカの場合・・・というと、「ちっ!ここは日本だよ!比べないでよ!」と言う人は必ずいます。でもあえて言うと・・・ドラム式(向かって正面にドアが開くタイプよね?)洗濯機も上にドアを持ち上げて開けるタイプも、稼動時にはドアがロックされるのが普通。これがまさにこういった事故を防ぐ。この事故の場合は、稼動してなかったのでしょうけど、そしたら内側から開きませんか?ロックされてなかったのでしょうし。



こちらでは、洗濯機よりも冷蔵庫の事故の話はたまに聞きますね。閉めると内側からは開けられない様になってるようだから。



更に、アメリカはご存知の通り、"Sue Happy society"(訴訟大国?)。だから訴えられないように万全を尽くすのが常。



それを怠って今回のような事故が起きると、ものすごい損害を払う事になるしね。



守ってあげられなかった母親よりも、こういう事故を防ごうとしなかった会社に責任アリ!となってしまうから。



確かに親は、「やってはダメ!」という時に、「何故やってはいけないのか?」「その結果、どんな事になるのか?」ということまで言う責任はあると思うんです。



これは本当に悲しい事故だと思います。



でもそこまで親を責めることはないんじゃない?とは思うんですけど、私、何か勘違いしてますか?



だって、きっとこのご両親、今ものすごーく悲しいんだろうし、ものすごーーく責任を感じてると思いませんか?



きれいごとや常識で他人を責める前に、人の気持ちをくんであげる優しさを持っても良い気がするんだけどなー。



と!書いたところで、ウェブニュースを読んだ限り・・・で書きましたから、実際の状況やら何やらを良く知らないので、批判を受けるかもしれませんが。ま、いいけど。



画像

あまり暑さを感じてないようなすがすがしさだな。



なーんてことを、暗闇に隠れながらも思ったのでした。



あ!お気づきの方もいるかも・・・ですが、新しくブログ始めました。



”すべてはキッチンの窓から”という、良くわからないタイトルですが・・・・・・よろしかったらこちらもどうぞご贔屓に



ではね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アメリカでは考えられない批判ですね。でも、そのお母さんと共感している人たちは、あえて大騒ぎしないから、皆が批判しているように見えるのかも。あと、お母さんが美人だったり、冷たく見えたりで、見ている人たちの意見が左右されるかも知れないし。
和美
2015/06/30 10:12
和美さん、
そう。
アメリカだとそうは言われない気がしますね。
あ、そういう考え方もありですね!
あえて大騒ぎしない…、かえって大人な態度ですか。
外見で人の見方が変わるとなると、だから女は怖い!って、男性に言われちゃうんですよね^^。

おれんぢ猫
2015/07/01 08:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
お隠れの猫さん家(ち) おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる