おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS あの人たち・・・

<<   作成日時 : 2015/01/22 10:35   >>

トラックバック 0 / コメント 6

「あの人たち」の事が全くよくわからない。



宗教が違うからか、人種が違うからか、言葉が違うからか



食べるものが違うからか、吸い込む空気が違うからか



根本的に育ち方が違ったからか、どうしても理解できない。



画像





何故なのか、教えてほしい事がある。



”どうして人の命をそんなに粗末に出来るの?”



”誰がそんなことをしても良いと教えたの?”




画像






「あの人たち」は、懐がどうも暖かいらしい・・・とニュースで聞いた。



それなら何故貧相な海賊のように、野蛮に、無実な人たちをさらい、お金を巻き上げたり



世にも恐ろしい目にあわせるのだろう?



「あの人たち」の信じるものは、それを許すのか?



それを推奨するのか?



それが正しい事だと教えるのか?



女子供を家畜のように扱い、死への道順を目の前に描き



「さあ、これがお前の運命だ。これをたどって行くんだ。それが信じる道につながるのだ。」



と言い含め、薄ら笑いを浮かべる。



自分たちのことで頭はいっぱいで、他人の命など虫けらのように扱う。



自分たちの欲望を満たすためだけに、同等の権利や命の重さを持って生まれた人間をえさに使う。



「あの人たち」も、そんな洗脳された女性たちから生まれた事を理解してるのだろうか?



「あの人たち」の将来は、”破壊”をくくりつけられた子供たちだと言う事に気づいているのだろうか?



いつの日か女子供が周りからすっかりいなくなり



「あの人たち」には将来が無くなるその日にやっとわかるのだろうか?



はたと気づいて後悔するのだろうか?



それとも目的を果たすため、まんまと違うものをおとりに使うのか?



例えば自分たちの親や兄弟たちまで。



「あの人たち」は、そこまで愚かなのか?



画像





本当は「あの人たち」の目的も、人生も、宗教も、自身も、



すでに失われているのだと思う。



そんなことをして何を成し遂げるつもりなのか知らないが、



「あの人たち」の人間性がすでに失われている今、そんな結果は初めから「無」であることを知っているだろうか?



何をやっているの?



画像





仮に「あの人たち」が、全ての世界を制覇できたとして、



そこには達成感も無いはず。



何故なら、見回せば周りにいるのは同じような蛆だらけで、幸福感を分かち合う「人間」もいないだろう。



「あの人たち」には、未来も無く、暖かく見つめる瞳も無く、腕に抱く新しい命も宿らず



ただただ欲望とへし曲がった「信仰」のみが残るだけ。



その先には「絶望」しかない。



人間が自身を失い、人を殺したりお金をもぎ取ったりする事を平気でするようになったら



その先には「安心」も「平和」も「幸福」も「愛」も無い。



あるのは「終」。



そしてきっと「あの人たち」は、自分にそれが訪れるまで気づかないだろう。



画像





不謹慎極まりない事だろうけど、ああ・・・早く「あの人たち」にその日が訪れるのを願う。



心を入れ替えて、「ごく平凡な人間」のように、他人の命を敬えるようになったら拍手しよう。



恐らく来る事のない未来だろうけれど。



世界を敵に回しても、明るい将来など来ないんだ。



行き先の、終わりのない戦いをやめればずっと楽になるはずなのに



何も関係ない人の命と引き換えにまた武器を買うの?



それからー?



「あの人たち」には自由も希望も愛情も未来もないから



だから同じく束縛と破滅と悪意のこもった武器を買うんだと思う。



冷たい武器は、心も気持ちも何もこもっちゃいないから。



「あの人たち」・・・にも、温かい血の通った心も何もないんだろうから。




画像




二人の人質の方たちの行く末がどうなるか心配です・・・。


では

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
猫さん

こんにちは。シアトル、やリましたね。アメフトって、残り2分あれば、十分、点が入るんですよ。諦めてはいけないんですよ。
今まで,対岸の火事と思っていた事が日本にも起こりました。確実に、中東、そして世界の「日本の立ち位置」がこの事件をきっかけに変わって行くでしょう。正直、怖いです。憲法9条が崩れて行く日が確実にやって来るだろうと感じています。
AKIKO
2015/01/25 22:12
AKIKOさん、
シアトル、やっちゃいました
このままスーパーボウルでもやっちゃってくれると、更に嬉しいです!
ハイ、あきらめちゃいけませんよね。
これからはきちんと最後まで見届けますです!

本当に怖いですよね。
理解して危険な場所にいた人たちも、自分達の責任とは言え、まさか人質にされるとは思っていなかっただろうと思うし。
そう。私も日本がこれからどうなっていくのかが一番心配です。
9条を貫き通すのか、それとも「もうそんな事言ってられない!」となるのか…?
過去の戦争ともしかしたらこれから参加することになる戦争とでは、戦う人間の育った環境が違っているので、全く質の違ったものになるとは思うんですが、アメリカ人のコメントなどを読むと第二次世界大戦での日本人(兵士?政府?)メンタリティーをそのまま「今の日本」に当てはめようとしているのが恐ろしいです。
時代はもう違うのに。

9条を貫くのも強さですよね?
出来たら貫いてほしい…とも思うけれど、もし日本の地が戦場となったら??
アメリカに助けてもらうのかしら?
ジレンマですね。
おれんぢ猫
2015/01/26 03:46
それなりに平和だった日本が
いつの間にか恐ろしいことに 巻き込まれて
これからどうなるのだろうと
不安です。
おれんぢ猫さんの ひとりごと
相槌しながら 拝見しましたよ。

素敵な雪景色のお写真が
和みでした。
chigusano
2015/01/26 17:07
ちぐささん、
そうですよね。
きっともう「日本だけは…。」という考えは当てはまらない時が来てるのだと思います。
すごく嫌だけど!

雪はすっかり溶けて、今日は霧が出てます〜。
もう一月も下旬ですね!
早いなあ〜
おれんぢ猫
2015/01/27 03:51
まあ、9条がある今、あの事件が起きたことを
考えると、日本人を攻撃しようと考えている海外の人間からしたら、9条なんか、有っても無くても関係無いってことですよ。
とにかく9条では日本人攻撃は防げませんでした。
とおりすがり
2015/02/13 01:33
とおりすがりさん、
そうですよね。
日本にしても、他の国にしても、お金目当てなのかただの見せしめなのかわかりませんが、構わず人質を捕らえて殺すこと…という目的が達成できれば良いのでしょうね。

ここで武器を手にするか、そうしないか…?
きっと日本人の中でも意見は分かれると思いますが、「うちは関係ない。」という顔だけは見せられない時が来てるのだとは感じます。
戦争、やーですよね。

コメントありがとうございました。
おれんぢ猫
2015/02/13 10:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
あの人たち・・・ おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる