おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 猫の「極秘英語の発音上達術」公開の巻

<<   作成日時 : 2014/12/04 10:46   >>

トラックバック 0 / コメント 2

おれんぢ猫って、なんなのさ?と聞かれたことがあります。



おれんぢ猫とは、日本で言う『茶トラ』又は『茶色の猫』にあたると思うのですが、こちらアメリカではその茶色・・・と言っても、黄土色というか、まっちゃっちゃではないようですが・・・の猫を何故か『オレンジ(キャット)』と呼ぶのです。



 何故でしょうね?




アメリカでは、色の呼び方が違うのかっ!? それとも問題は私の目か・・・!?




時々でいぶと私の会話でも、でいびが「あのグリーンのさ・・・。」で、私は「えっ!?あれ、ブルーじゃない?」ということがあるので、個人的に色の感覚が違うだけかもしれませんが。



画像

やっとツリーを出しました。偽ですが。これでクリスマスはバッチリ迎えられます。



さて、ここ最近のブーム”でいび60〜70sミュージックに凝りだす”の影響で、昔好きだったカーペンターズの音楽を良く聴いています。




あまりでいびのブームとは関係ないのですけど、ただ昔聴いてた音楽・・・という点でね。




私がカーペンターズを聴いていたのは、学校の他の男子たちが皆「ビートルズっていいよな!」「うん、かっこいいよな!」と休み時間にギターをじゃかじゃか♪やっていた時代で、皆がビートルズならば、自分はカーペンターズだな・・・と言うひねくれ精神丸出しに、カーペンターズを聴いていたわけでありますが、音楽自体も私は彼らの曲の方が好きだわ・・・とひそかに思ってました。



そこでね、私ほらB型ですから、凝ると凝るんですよ。何事も。



好きな曲→ひそかに一緒に歌ってみたい→しかし英語だ・・・→歌詞を読むにも、時には発音の難しい単語もあるし・・・→あれ?これ、何て読むの??→うーん・・・口惜しい・・・



でね、単語が「辞書引いても読めない」のなら、耳で「聞く」事で、発音を「真似る」ことは出来るよな?なっ!?と思ったの。



画像

えっ!?何か言いましたか?




人って、まだお母さんのお腹の中にいる時から、外で話されている言葉をちゃんとふむふむと聞いているんだと思うのね。だから、それが日本語なら日本語の発音やら何やら、生まれてから初めて言葉にするまでに「確かママはこう発音してたよな。」って理解してて、簡単に習得できるんだと思うんです。



でも外国語は所詮外国語。学校の教科書から学んでも、ネイティブ並みの発音は身につかない。もしかしたら生まれる前からすでに発音のDNAが組み込まれてるのかもしれないし。




で!カーペンターズに戻りますけど、一緒にカレンとリチャードと歌いたいのなら(秘かに)、英語の発音はちゃんと出来ないと、*はにょれにされる事間違い無し!でしょ?



*はにょれ・・・仲間はずれ、という意味。たぶん私と私の子供の頃の友人たちのみしか理解できない・・・?



でも自分にはそんな発音技術(?)は全く身についていないから、こりゃまねっ子するしかないと決心したのよ。



これが難しい〜!



でもやりましたよ、ええ、私B型ですから。(しつこいね。)やると嫌になるまでとことんやっちゃうんです。



画像

あー・・・うー・・・。




まずやったのは、音楽を聴きながらのDictation(書き取り)。歌詞カードはついてましたけど、これは英語でもちろん書かれてる。なので、私が聴きながら書き取ったのは、カタカナで。




それから音楽を何度も何度も何度も何度も何度も(もうわかったから・・・。)途切れ途切れで聴いて、自分で発音してみて一緒に歌ってみて(秘かに)、カレンの発音に近いものが出来るようになったら次へ・・・ということをやったのです。




これって、Shadowing(シャドウイング)と言うのですか?私最近まで知らなかったのですけど・・・



シャドウイング・・・というと、つい巨人の星で飛馬のお姉さんの明子さんが、木陰で泣きながら飛馬の練習を見守る・・・という光景が頭に浮かんでしまうんですけど・・・。全く違いましたね。



・・・




画像

パッぱらパー♪




私はこのやり方が一番使えたと、今でも思います。単語の発音って、英語をたまに話すだけじゃあ絶対モノにならんもの。毎日の繰り返しの積み重ねが無いとね。日本語だって、毎日話して書いて読んでないと、やっぱりさびるもの。



おまけにカーペンターズのポピュラーな曲なら、カレンとリチャードと一緒に”Sing Along”出来るようになりましたよ。歌詞も見ずに!すごいだろっ!?!?今は亡きカレンも、きっと誇りに思ってくれてるに違いな・・・(思ってないよっ!)あ、そうですか・・・



自分が持って生まれたものでないのなら、恥を忍んで真似るが勝ち。恥ずかしがっているとダメなんです。恥ずかしかったら自分で秘かにやっても良いのだ!



画像

ピーチク、パーチクっとな!あれ?ボケてる??



私、今でこそこんな事偉そうに言ってますけど、英語を習い始めた当初は、やっぱり口に出して発音してみる事が恥ずかしくて出来なかった事がありました。



こんな風に発音したら、笑われるかも・・・




なんて思ったこと数知れず。だって、特に日本人は他人に厳しいから、秘かに(あら!○子ちゃんすんごい発音だわ・・・!)なんて思われるかもしれないし、それに英語を話す人の前だったら「イマ、ナンテーイイマシタカーッ?ワッカリマセ−ン、ネー?ハハーッ!」なんて言われちゃうかもしれない・・・そしたら・・・そしたら・・・!!



そんなこと心配してました。でもそんな心配は本当にご無用なんです。



だって、頑張ってそれで英語が上達すれば、結局は自分の勝ちなんですもの!



 最後に笑うのは私だぁーーーーっ!!! となっ? あれ?




 ・・・おうっ・・・




まあね、私の英語の発音がネイティブ並みにうまいっ!ってことじゃあ全くありませんけどね。ちゃんと通じるほどには上達しました、ってくらいで。それでも「英語の発音がなんだなあ…。」と言われてしまう日本人としては上々だよねぇ?




画像

エンジェルさんもアプルーブしてくれました。




今日は全く極秘でも何でもないお話でしたが、英語の発音に苦労されている方、どうぞまねっ子してみてください。きっと上達しますよ!



画像

うふっ頑張ろうね!




それではね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おお、その方法、以前ネットで知って、「ほぅ〜、やってみようじゃないの。」って思ったんだけど、思っただけでした。(笑)
で、私も選んだのは、カーペンターズでしたのよ。一応、CDもあるんだけど、ここ数年聞いてませんわ。
よーし、来年の目標で、やろうかな!と。

我が夫は、自分の青春時代の曲(60〜70年代)ばかり聴いていて、車のラジオはその手の局ばかりです。ま、私も好きだけどね。けど、やっぱり私が好きなのは、80年代かな。青春だったしね。

が、中学のころ好きだったのは、The Bay City Rollersでした。(恥ずかし・・)
カーペンターズとか、ビートルズって、ちょっとお姉さんぽくありませんでした?
コルネ
2014/12/05 14:06
コルネさん、
おっ!?私だけの『技』ではなかったのですねー?
なんちゃって
でも、これ、繰り返しやると絶対効きますよ。
何だかサロンパスみたいだね。)
カーペンターズは、発音がきれいと言うか、単語が聴き取りやすいと言うか、そういう理由で選んだわけじゃないけど、初心者には最適かなー、と。
CDもお持ちとな?
ぜひおやりくださいな〜!

私も80年代物は好きですよ。
(何か、ワインみたいね。)
あの頃に『アメリカンTop40』とか、観てませんでした?
確か土曜の夜放映じゃなかったかな?

S.A.TUR.DAY NIGHT!ですねぇ〜♪
お姉さんぽい…というより、あ・こ・が・れ!みたいな?でした
おれんぢ猫
2014/12/06 08:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
猫の「極秘英語の発音上達術」公開の巻 おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる