おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日はうちの母自慢

<<   作成日時 : 2014/08/28 09:03   >>

トラックバック 0 / コメント 6

先週の土曜ですが、またファーマーズマーケットやってきました。また ”りんご女子&りんご男子”



 りんご『女子』ってさ、りんごおばちゃんの間違いじゃないの?ぷぷっ・・・!



 いいのよっ!ことごとく現れて、本当にうざったらしいったらないったらっ!!



注 : うざい 〜「鬱陶しい」「わずらわしい」「小癪に障る」「「めんどっちいやつ」「うるさい」・・・他。 えっ!?知ってましたか。



画像

これ、実は帰り道。ぶどう畑の向こうにLake Chelanを望む。
お天気良かったっすよ。




で、結局1箱残して完売いたしました。その他にもブルーベリーやインゲン豆、それにお庭に咲いた花をブーケにして売ったりもしました。買ってくれた皆様、ありがとうございました
(ってさ、私のブログなんて見ちゃいないんだろうけどね。)
(一応言っとかないとね。)


←おじぎちゃん、御礼申し上げてますの図。



残った一箱はうちのベースメントにあるんですが、そのうち16個(何故その数??)は、でいびの会社の人がほしいわ〜とお買い上げ。残りはでいびがまたどっかから新たなるバイヤーを探してこない限り、私がアップルソースなど作りたいと思案中。



先日はこのりんごのあまりにも良い香りにつられて、一個だけね・・・と、丸ごとがしがしと一個すりおろしてささっとランチにいたしました。すってしまうとあっという間に食べられちゃうね。



子供の頃に良く風邪を引くと、母がりんごをすってくれた思い出がーーーー・・・と、遠い目。



ホント、このりんごは懐かし〜い味がします。



画像

マーケットが終わってから、Chelanのドライブインで、ミルクシェイクをランチ代わりに。
普通のシェイクなんだが、ンんまい!




ところでそのうちの母なのですけどね、編み物の達人なのですよ。編み物・・・と言うか、レース編みなんですけど、ちゃっちゃとやっちゃうんですねぇ〜。「歳でもう目がねぇ・・・。」と言いながらも、どんどん作品を仕上げます。



画像

私のお気に入りの「読書の椅子」のそばに。




こんなにきれいに。



画像

花ですかね、それとも星?



私なんて、基本の毛糸のかぎ針編みでさえ「丸く編めない・・・」始末。その上細編み&長編みはマスター(と言えるのだろうか・・・。)(時々目がそろわないから、やっぱり、ちょっとできる・・・くらいだろうな。)しそうなのだが、永遠に四角や長四角しか編めないから飽きるんだ。



画像

こんな何だかよくわからないような柄・・・どんぐりか?・・・だって編める。



たぶん練習あるのみ・・・だろっ?



画像

やっぱりよくわからん。
クリスマスのオーナメントみたい。
日本の母よ、なんなのか教えてけろ!





やっぱりねぇ・・・忍耐力がないと、こういうのはダメだよね。「自分に忍耐力がない。」と言ってるわけじゃないけど(言ってるじゃん!)、「ああ、ここは一目足して・・・それから二目抜いて・・・。」(なんてやるのかどうかも知らないけど。)なんてさ、私はきっと飽きてしまうだろーなーと、思うんだ。



画像

こーんなアーミッシュ(だよね?)カップルも編まれちゃうんだぜ!
「ぅ、動けません・・・。」
端が波打っているのは、目がそろっていないわけでなく、私がちゃんと真っ直ぐ置かなかったからでござんす。




ここに挙げたのはほんの数品ですけど、実はもっと大作が沢山あるんです。機会があったらお見せしますが、何かもったいなくて使えない・・・という感じです。



全くもう!器用なんだからっ!



という娘の私、少し涼しくなったらまたアクリルたわしを作ることから練習いたしてみますね。情けないけど。ま、私には他に出来ることがあるし・・・あるのっ!?ナニ??・・・いんだよっ!!



ちなみに父の姉も手先が器用で、若い頃には「お針子さん」(お仕立て屋さん?)(Seamstress)をしていて、スーツやドレスなどを作る仕事をしてました。その上いとこも母同様、レース編みをちゃかちゃかやっちゃうんですね。だからなー私の血にも「器用」DNAがもれなく含まれてるはずなんだがなー・・・何でかなー



私だって、ミシンくらい持ってるんですよ!奥さん。
でも・・・・・・1年のほとんどを箱の中ですごしていますけど・・・



 えっ!?箱から出してもいないの??それって、まさに持ってるだけだよね!




 ぐにゅぐにゅ・・・もにゃもにゃ・・・



いえいえ・・・何度か試したけれど、引っ越してからさっぱり忘れてるってこと!ぷいっ!!



これ以上自分の不幸・・・不具合・・・不都合・・・だめ子ちゃんさ・・・を、さらすのは止める事にいたしますね。ハイ!



画像

読書用のランプを購入。
お店では、ミッドセンチュリーの・・・と言ってましたが、私はそれ目当てではなく、単にシェイドとランプ(ええ、別売りでしたのよ。)が好きでしたので購入。
これからもっとそれなりなFinial(ランプの突端についてる、飾りの占め具の部分。)を探す予定。




それでは、また!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ファーマーズマーケット大盛況よかったですね!これから秋に向けて、りんごのスイーツが益々美味しい季節になりますね。あ、でも、おれんぢ猫さんのところのりんごはフレッシュな状態でいただいたほうが美味しいのかな?

私の母も編み物は得意で、機械編みの仕事もしていました。懐かしいな〜。そのせいか私は裁縫とかまったくダメです。編み物に手を出そうなんて考えたこともない。そういえば実家にあった足踏みミシン苦手だったなぁ。え?年がばれる?!でもボタンがつけられれば生きていくのに問題はないです。あは。
coco
2014/08/28 10:00
cocoさん、
ありがとうございます。
ファーマーズマーケットって、日によってお客様の買う物が違ったりするので、ある時はブルーベリーが沢山売れたり、ある時はりんごが何箱も売れたりするので予想が付きません。
でも楽しいですけど。

このりんごは、実は酸っぱめなので、表向きはお料理用で、サイダーにしたりアップルソースやパイには最適なんですが、「知ってる人」は、そのまま食べるのが好き!と言うんです。
お馴染みのグラニ・スミスも同じ青りんごですが、Gravensteinは、甘酸っぱいなんとも良いお味がします。
(と、宣伝^^。)
CAにはこのりんごのお祭りなんかもあるらしいですよ。
北のほうだったと思いますが。

そうですか。
お母様も編み物の達人とな!?
機械編み!なんてなつかしい…!
子供の頃の近所のおばちゃんも、いつもシャーシャーっと、やってました。
あ、そうか!親が達人だと、子供はその血が薄まるんですねっ!?
(んなことないか。)

うふふ…足踏みミシン!
私はあの方が好きだったなあ〜
なんだか自転車をこぎ始めるような、加減して縫えるのが良かった気がします。
今のは「だーっ!」と縫っちゃうから、怖いわ。
そうですよね。
ボタンがつけられて、ヘムあげができれば良し!ですよね

おれんぢ猫
2014/08/29 07:14
そのどんぐりみたいな編み方、パイナップル編み・・じゃないでしょうか?
私もレース編みやってみたくて、日本から本も持ってきたんですけど、しまってあります。
普通のかぎ針編みと違って、なんだかレース編みって難しそうじゃないですか。

かぎ針編みも棒編みも一応少し出来ますが、やったるでーっ!!って気合が入らないと、やらないですよね。去年は、気合が入らなかったので、何も作りませんでした。

私の母は、裁縫とか編み物とかやってたことはなかったなぁ。忙しかったからかな?裁縫は、ほつれを繕うくらいで。
けど、私の一番上の姉、裁縫も編み物もとても上手でした。今では、身体が動かなくなったので、やれないんですけど。で、姉の編み棒セット貰って、嫁に来ました。

いいなぁ、ファーマーズマーケットが大盛況で。
お花もブーケに出来るくらいに沢山あるんですね。花を育てられない家の花壇は、悲惨な状況です。
コルネ
2014/08/29 13:53
お母様のレース編み作品、素敵ですね〜。私の母は私より手先が器用なのですが、私が小さい頃は自営の為忙しく、何も教えてくれなかったので、本を見ながら覚えた私の編み物はいい加減で下手の横好きです。

一昔前のアメリカの編み物パターンは写真なしで出来上がりが想像できませんでした。最近は写真付きが多くなったのですが、編み物英略語リストを見ながらでないと編めなくて面倒です。
yoko
2014/08/30 02:26
コルネさん、
どんぐり=パイナップルですか?そういえば母もそういってた気が…今頃になってしてきました()。そうかも、ですね!
レース編みって素敵だけど、繊細で私にはちょっと…なんて思ってしまうんですよね。
何せめんどくさがり屋だから、かぎ針でガシガシ!と編みたいタイプ…というか、ガシガシ!編んで、おおーっ、こんなに素晴らしいものが出来たじゃないの!と言いたい方というか。。
それさえも出来てないけど!)
そうそう!要はその「やったるでー!」がわかないと、私もやらんのです。

でもコルネさん、やったるでー!が入ったら、すごいもの作っちゃいそうですね!
うん、きっとそうだ。

ああでもやっぱりご家族に『裁縫・編み物の達人』がいらしたのね。
そのお姉さまの編み棒があれば、きっとすごいもの出来ますよ!
今年の冬は編み編みしましょう!
(と、勝手に。)

コルネさんは食べるものをちゃんと育てられるからいいんですよ〜。その方がすごいって思うな。
花よりだんごでしょ?
(あ、またこんな事…お会いした事もないって言うに…
おれんぢ猫
2014/08/30 05:46
yokoさん、
ありがとうございます!母に代わってお礼を申し上げまする

そうそう!yokoさん、毛糸の帽子とか編んじゃいますもんね!たわしも!!シュシュも!!!

>下手の横好き…
だなんて!
横好きでも、帽子編めたらすごいですもの。

どこかで聞きましたが、編み物される方たち皆「アメリカの編み物本って、絵とか写真がなくてつまらない。」って言いますね。
初心者の心はそれじゃあつかめませんよね。
日本の写真のきれいな本を見ると、それにまんまと惹かれてやりたくなる…という気はしますよ。
(デモできないけど!)
また何か編まれたらブログで紹介してくださいね。
見に行きますよ〜
おれんぢ猫
2014/08/30 05:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
今日はうちの母自慢 おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる