おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS カナダへの道は遠かった

<<   作成日時 : 2014/07/23 10:42   >>

トラックバック 0 / コメント 4

〜義母、パニクる!〜


カナダから帰ってきました!・・・と、書きたいところですが、そうではありません。連日の火事のせいで、カナダへの道が閉鎖されちゃあ開通。また閉鎖。で、また開通だったもんで、カナダ行きは中止。


その代わりにでいびの実家でのんびりする事に。



しかーし!こんな時にそんなのんびりした事が許されるわけがない。出かけるはずの一日前、金曜日の午後に義母からこんな電話アリ。


義母『猫、もしかしたらしばらくそこでお世話になる事になるかもしれないわっ!か、か、火事が・・・ここまで迫ってきてるのよっ!!』


『えっ!?』


義母『そうなのっ!どんどん燃えて、こっちに近づいているらしいのよっ!!』


『えっ!?』


義母『そうなのよっ!来てるんだってっ!!』


『・・・ええっ!?』


突然の事で言葉を失いましたが、今朝のニュースで確かに義両親の家近くのキャンプ場やハイキングトレイルが全て閉鎖されると聞いてはいたので、やっぱりそうなのか・・・という気持ちがそこでやっと湧いてきたんです。


私『それで、非難警告は出たの?すぐ非難しなきゃいけない状況なの?』と聞くと、


義母『ううん、まだ警告のレベルは2なんだけど。でも私、トラックに積み始めたわよ。いつ3になるかわからないもの!』と。

警告のレベル2、というのは、今すぐ非難の必要はないけれど、準備はしてたほうが良い・・・という状況。


これがになると、今すぐサッサと逃げなさい!ってこと。



義母はまた「じゃあ、切るわね!何か変更があったら連絡するわっ!そこでKOZIは聴けるの?チェックしてみてね!」


KOZIというのは、実家の近くで放送してる、ローカルなラジオ局。ココウェナッチではラジオでは聴けないが、オンラインでは聞くことができるので早速みてみると・・・?


「火事の場所・・・まだずーーーーいぶん遠い・・・



とりあえず義母がパニクっていることを、でいびに伝えておこうと、でいびの携帯に電話してみた。



私『今お母さんから電話があって、火事が迫ってるからうちにお世話になるかもってさー。』


でいび『ええっ?そうなの??そうかあ・・・そうかなあ?今朝ニュースでチェックしたら、ずいぶんまだ遠かったけど・・・。お母さん、またいつものくせが出てるんじゃないのかなあ?』


私『うん。そう思うよ。すーーーーんごく焦ってたけど、地図で見てみたら、結構−−−−−な距離があるみたいだったし。』


でいび『わかったよ。家に帰ったらチェックして家に電話入れるよ。』



義母は、結構小さなことでも何でも大げさに受け止めて、一人でパニクッてしまう人。そしてゴマ粒ほどの話を、象の大きさまでに膨らませて人に言ったりするから、でいびも私も慣れているんです。もうわかっているから、何だか憎めないんですけど


てなわけで、二人して後で『きっとお父さんは庭で芝刈りでものほほんとやってたよね〜。』と言い合ったわけでした。


まあ、カナダの伯母さんの家にはたどり着けなかったけれど、でいびの実家でおいしいBBQステーキをごちになったし、おじさん夫婦も来て、その晩は皆で『メキシカン・トレイン』というゲームをして楽しみました。



画像

Entiatの火事の痕。こげこげてます。



〜でも笑い事じゃないよね〜



そうそう。笑い事じゃありませんよね。焦る気持ちもわかる。それにお父さん、本当に庭で芝刈りしてましたけど、それはもし火事が近くに来たなら、燃えるものが家の近くにないように準備していただけのこと。のほほんとしていたわけではありません。実際近所の方たちも同じことしてました。皆、それぞれに芝刈りに水まきに精出してましたよ。



画像

でいびの実家の近くで帰る道すがら見かけた、若いオス鹿ちゃん。Buckって呼ぶんですって。



今日は、ココウェナッチでもついに雨が降ったんですよ。もう何ヶ月かぶり!最後に雨の降った日を思い出せないくらい・・・。気温も下がり、やっと窓も開けられるほどになりました。深呼吸〜



この火事はね、もういくつもの火事が合体したりして、ワシントン州でも過去最大の規模で燃えているらしいんです。全米から助っ人が来てくれて、皆消火に頑張ってくれてます。


ここからカナダへ行く途中にある町のPaterosBrewsterという町、とてものんびりしたきれいなところなんですけど、今回の火事で町ごと避難!なんていうことにもなって、家を失った人やら、これからどうするんだろう・・・と、心が痛みます。家を守ろうとしていた人が、心臓発作で亡くなったりもして、本当にやりきれない。


そうそう。西部の町がテーマのWinthropあたりへ出かけたことのある方は、きっと通りかかったこともあるかなあ?あの近辺なんですよねえ〜きれいなのんびりした良いところなのに、こんな風に破壊されてしまうの、寂しく思います。自然の仕業とはいえ・・・何が発端なのかはまだわかってないそうですが・・・何とかやめてくれえ〜!と思いますよね。



早く火事が治まって、平常が戻ると良いです。ホント!



画像

しばらくのお友達でした、帽子とマスク。これで降ってくる灰を防ぎ、庭の水撒きなどしてました〜。



画像

ウェナッチから、Chelan方面を見る。けむけむぅ〜!




では、今日はこれにて〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
山火事が続いて大変そうですね。気温が下がり、雨が降ったとのこと、少しでも状況が改善されるよう祈ります。
yoko
2014/07/24 07:09
yokoさん、
なんだかもう燃える場所も無いんじゃない?…というくらい燃え続けてます。
じわじわと。
勢いは無くなったとは言え、少しの雨では完全に鎮火とはいかないので、消防に当たっている人たちも苦労しますよね。
今日は雷雨で朝から雨がザッと降ったかと思えば止む…雷!…雨…という感じです。
その雨が、もう火事で燃えてしまって抑えるものの無い山肌を流れて、土砂崩れの警報が出ています。
もう切りがないですね〜
おれんぢ猫
2014/07/24 07:59
デイビさんの ご実家近くまで!と知って
ドキドキしましたが
まだ遠くて よかった!
それにしても アメリカの山火事は
想像もつかないくらい 大きいのね。
政治も 自然も 火事だらけの
きな臭いにおいが 立ちこめて
心配だわ〜!
chigusano
2014/07/29 00:13
ちぐささん、
そうなんですよ〜
でいびの実家も結構山奥…というか、少し山に入ったところにあるので、何度か山火事の危険にさらされた事があるんです。
今回もあせりましたけど、大丈夫でした。
アメリカは山が遠くまで連なって、その谷間に町とか村とかがあるので、火事が起こると大変なんです。
秋になると涼しくなって、いろいろな事が落ち着いてくれるような気がするのは私だけ?
夏は暑さが皆を狂わせるのかも…?なんて。
ちぐささんもご自愛下さいね。
おれんぢ猫
2014/07/29 03:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
カナダへの道は遠かった おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる