おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS かわいそうな、とても勘違いな人

<<   作成日時 : 2014/06/17 08:15   >>

トラックバック 0 / コメント 2

でいびのお父さんは、Lake Chelan近郊でりんご+チェリーのオーチャードを営んでいます。 営んでいる・・・と言うか、今はご隠居してましてね、お隣のKさんが運営をしてくれているのです。



ご存知の方はご存知でしょうが、あのあたりって皆りんごやチェリーやのオーチャードだらけなんですよ。 最近はワイナリーも増え、ブドウ畑もあちこちにあります。



そんな土地にある日突然、ある若いカップルが引っ越してきました。 このカップル、奥さんは何をやっているのか忘れましたが、旦那さんはビタミン剤を売る仕事をしているらしく、とにかく「若いけど、お金持ちなのよ。」ということ。



そのカップルの買った家というのが、丘の上に立つミリオンダラーの眺めの大きな家。 二人しか住まないのに、とにかくでかい。 それはいいんですけどね、「家の前にゴルフ場でも作るんかい!?」というほどの広い芝生を植えたんです。


ま、それもいいんですよ。 家の持ち主が何しようと勝手なんです。 私ら『こんな山奥で芝かい?不思議な事をするもんだ。』と思いましたけど、いいんです。別に。



ところがこのカップル、この家がオーチャードだらけの真ん中に建っているのを知りながら買ったっていうのに、その周りの農園の持ち主や、そこで働く人たちが日々何をやっているのかわざわざビデオで撮ってYou Tubeに載せているのを最近知りました。



>農園の持ち主や、そこで働く人たちが何をやっているのか・・・



何をやっている時にビデオを撮っていたのかと言うと、りんごの木やチェリーの木に薬剤をかけている時が主。



皆さんにも 「薬品をたっぷりをかけたりんごなんて、絶対食べない!あたしはオーガニックしか選ばない!!」 とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。 でもね、ここではっきり言いたいんですけど、まず、



”りんごの実そのものには、スプレーをかけません!”
カビが生えるのやりんごの大敵の蛾などの害虫を防ぐため、木の幹(花が咲いてない時期。)や、葉にはスプレーをかけます。 でも、花が咲いているときには、ミツバチを守るためにスプレーはかけないし、実自体にはスプレーはかけませんよ。



それなのに、このカップル、スプレーをかけている時にわざわざ自分たちのゴルフカートを運転して、近所のオーチャードを回り、



「おおおーーっ!こんな風の強い日にスプレーなんてかけやがって!頭悪いんじゃないか!?」とか、



「見てみろよ!スプレーかけてる時に、マスクも何もかけてない!笑っちゃうぜ!」とか、



Hatefulな事ばっかり言いながら、ビデオを撮ってるんですよ。



 「あのー・・・マスクしてないのは、あなたの方でしょ?そんなゴルフカートじゃ、スプレーバンバン浴びてますよね、自分も。 嫌って言ってるくせに、いいんですかね? 」



良く見ると、この時にかけていた薬剤は、マスクをする必要のないもの。 何も知らないくせに、”スプレー=悪!”と言い張るのは、無知である事を世間に公表しているだけですよ。



そう。 この世間一般に広まっている、 



”薬剤のスプレー=悪!!” 



という考えはおかしいと思うんです。 薬の全てが悪いのか??



でいびのお父さんは、大学でChemistryを学び、マスターまで取りました。



そんな人が、化学や薬品について大学でしっかり学んだ人が、人体に害を与える『毒』を食物にわざわざかけると思いますか?



ちなみにお義父さんはオーガニックについてこう言います。




”オーガニックも、ノンオーガニックの普通の野菜・果物も、少なからず薬品は使われているんだから、そう違わない。 ならもっと安価な普通の物を選んでもなんら変わらないのに。”



そうです。 オ−ガニックには薬品はかけられていないと思うのは大間違い。 ちゃんとオーガニックにも、スプレーはかけられます。 そうでなければ、穴だらけの虫食いだらけ、カビも生えやすい野菜・果物になるのは否めない。 カビの生えやすい食べ物を買うほうがもっと怖くないですか? カビこそ体に害があると思うんだけど・・・。



調べればこういうの、すぐわかるはず。




それなのに、オーチャーディストやそこで働く人たちにわざと嫌がらせをしたり、あることないこと言う人が、私は許せない。



大切なのは、農園で働く人は、きちんと政府の規制にのっとって運営してる ってこと。 




わざと人間に悪いものをりんごに塗りたくったり、病気になると知りながら、チェリーに毒をもったりする農家なんて存在しないんです。



再度書きますけど、オーガニックにも政府が許可したケミカルが散布されています。 それは政府が許可してるから、そして、オーガニックと呼んで良いという基準にそれでも達するから。



あえて言えば、お店ではオーガニックとラベルのついた野菜や果物を買い、でも自分の家の庭の草花にアブラムシがついて、その除去のために薬品をかけるなら、それは矛盾してるってことです。
 


その薬品の方が何十倍も害があると思うからね。



メディア関係でも、つい最近『食べて体に悪いもの・トップ10』とかやっていて、りんごもそのトップ10にありましたけど、そういうのパッと見てさっと信じてしまうのって良くないな、と思いますね。



大体りんごを食べて、りんごにかかってる薬品で病気にかかって死にました・・・ という人を見たことがないし、そんな事実聞いたこともない。



逆に言えば、オーガニックを食べてあたしはこんなに健康になりました! という人にも会った事がない。 



私はりんごは水で洗って食べるけど、皮は剥かない。 



『ワックスが心配!』って言う人もいるんだけど、それってりんごが古くなるとべたついてくるから、そのことを言ってるのではないか?と思う。これは自然現象ですよ。



私がタイトルに書いた、『かわいそうな、とても勘違いな人』というのは、このカップルの事を直接言ってるんですが、周りのどこを見渡してもりんご畑〜チェリー畑〜♪ばかりが連なる場所に、わざわざ家を買った、そういう選択を自分でしたにもかかわらず人に嫌がらせをしている、本当に勘違いをしている人のことを書きたかったのであって、オーガニックを好んで買っている人を中傷するためではありません。



オーガニックを買うか、買わないかは人それぞれ。 選択肢の違い。 良いんです、別に。 自分で決めれば。



ただ、間違った事をわかっていながら(いない?)その考えやアイディアを人に押し付ける人たちが私は許せないだけで、それを言う事を怖いと思わないので、今日は書きたかったのでした。



長くなってすみませんね



でも、最後まで読んでくれてありがとう! 




画像

スイートハート・チェリー。 ジワジワ色づいてきた。





画像

ワシントン州のチェリー、今年は豊作らしいですよ。




画像

Summer Pruning(夏の剪定)の後。 実のついていない枝を切り取って、風通し・日当たりを良くするために行われます。これでチェリーちゃんたちももっと日に当たって、ぐんぐん赤くなります。




それでは、また!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、シアトルに在住のたまと申します!
います、私の周りにも。狂信的オーガニック信者が。
以前はジャンクフードばっかり食べていたのに、今はオーガニック以外は毒にしか見えないようです。健康志向は多いに結構です。でもファッション感覚な部分もあると思います。影響力の強いママ友(私はママじゃないです)がやっているから、それに乗り遅れたくない。周りが何かお稽古を始めたと聞いては自分も始め、手作りアクセサリーをネット販売すると聞いては自分もショップを開き、あの食べ物は体に悪いと聞いてはそれにも便乗。食べ物に関しては、根拠が良くわからないケースが多く、何故無条件に信じているのか、理解し難いです。とはいえ他人が自分の家庭で何しようと文句は言えませんが、おれんぢ猫さんのご近所のように、ろくに調べもせず、無条件にオーガニック=完全無農薬というのを信じて、プロの皆さんを悪者、馬鹿者扱いしてしまうのは、大社会問題、大迷惑ですね。何を勘違いしてそこに住み出したんでしょうね。。
たま
2014/06/18 15:26
たまさん、
こんにちは、初めまして〜♪
シアトルにお住みなのですね!

そうですか、やっぱりたまさんの周りにもオーガニック崇拝者は多いのですね。

ま、良いんですよ。
オーガニック信心でも。
でも多くの人が、疑いもなく「オーガニックなら安心!」と思い込んでいるのが、私には「それでいいの?」と感じるんです。
たまさんもそうなんですね!

何年か前に読んだNY Timesでも、オーガニック野菜に散布されるスプレーには、パーキンソン病の原因になる(かも?)ような物質が含まれていたりするなどと、ニュースでも報告されていましたし、オーガニックであれば絶対良いということはないんだな〜と、あらためて思いました。

周りがやってるから自分も!と言う人は、たまさんがおっしゃるように多いですね。
オーガニック便乗派、というか。
逆に便乗して無いと「えっ!?やってないの?」と驚かれたりも。
私としてはそこで「はい、まだやってません。実際のところ良く知らないし。」とか、流されずに言えば良いのに、と思うんです。

>ファッション感覚な部分もある
まさにそうかもしれませんね。

夫の実家のこのカップルも、たぶん頭っから信じている派だと思うんです。
(訳のわからないサプルメントを売っているらしいし…
そりゃあの人たちの勝手だけど、なぜいじめに走るよ??と、疑問です。
ちなみにこれは明らかにハラスメントなので、ご近所の農家さんは、弁護士を雇ったそうです。

コメント、ありがとうございました!
うれしゅうございました
またお寄りくださいね
おれんぢ猫
2014/06/19 03:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
かわいそうな、とても勘違いな人 おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる