おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 田舎では『生』を感じるのさ

<<   作成日時 : 2014/05/16 08:21   >>

トラックバック 0 / コメント 4

皆さん、こんにちは 今日はなにやらもわっとしたウェナッチですが、気温は相変わらずしています。




西から湿った雲がシャラシャラ〜っと流れてきているようで、その湿気を感じるのですねぇ〜 これから明日には気温がぐっと下がると聞いたしね。 ハイ。 昨日のようにカラッと晴れてはいず、薄ぼんやり〜というお天気でございます。





画像

パッションバインの花・・・と思い込んでましたが、これクレマチスですね。 きれいな紫です。






さて突然話題に入りますが、ココウェナッチは田舎とは言え、人口約32,000の中都市で(小都市かしら??)、そこまで田舎ではないんです(決して自慢ではありません)。 ちなみにうちのでいびの実家の町(村!)などは人口1,500弱ですからそれはきっと田舎とは言えるのですが、幸い(何が?)リゾート地のため、ミリオンダラーの家々が湖沿いに連なっているわりには掘っ立て小屋のような家もあったりして、どっちかって言うと田舎とは言えないぞ!という半端な場所なのですよ。





実際住んでいる人たちにはアーティストが多く(アーティストって、大都会よりも自然の中に『こもって』いられる土地を選ぶみたいですね。)、昨今ではカリフォルニアや他の地域、さらにはアメリカ以外の外国などからも移住者たちが増えているそうです。





でいびたちの一家が今の場所に移ったときには、その近辺に住んでいた家族というのは他に1ファミリー(最初にそこに住み着いた人たちの家族。)・・・それにコヨーテやらガラガラヘビが山ほど・・・しかいなく、お隣の家が車で5分かかるような環境だったそうな。 それが今では近くにワイナリーは出来るわ、新しい住宅がポンポン建っているわで、舗装もしてない道路の交通が激しくなって(と言っても、車がすれ違う度数が増えた・・・と言うくらいですが。)市でもその道路を舗装するかどうか検討してる・・・ナンテほどらしいです。





画像

仲良しなんです。





ま、それは良いんですが、昨年でいびの家に半年ほど住まわせてもらったって言いましたっけ? その時にね、ローカルなファーマーズマーケットで、でいびのお母さんたちの育てているお野菜や果物などを売らせてもらう・・・ってことをしたわけです。 いつも余るっていうしね。





それがねぇ・・・なんとも・・・




楽しかったんですよ!!





何が楽しかったかって言うと、『自分たちで育てたものを売る』という作業は、ものすごく大変でプランするにも時間もかかるけれど、育てる喜びに、お金を稼げる喜びって変えがたいなあ・・・何か生きてるなあ〜って気持ちを味わえたってことよね。





今回は『一(イチ)』からはじめたわけじゃなく、途中から義両親の畑のお手伝いをさせてもらって、売るという作業を完全にやらせてもらったんですけどね。





『植物を育てること』は難しい。 水によっても土によっても、天候によっても出来上がるものが変わってくる。





『育てたものを売ること』は、さらに難しい。 だってお客さんの心をつかんでもコントロールする事はできないから、買わせることは出来ないもんね。





自分たちで、品物をどうやって『売る』か、どう魅力的にディスプレイするかとか、サインはどんな風にするかとか、そういったプロデュースをしたりするのも楽しかった。





そんなことをしなくたって、自分で育てたものを食べる喜びって、やってみないとわからないもんよね。 買った物がおいしかったらうれしいけど、自分で育てたものがおいしいと、喜びもひとしおって言うか、ね。





画像

お日様を浴びるのが、喜びなんです。





それでね、こちらの人は皆何かしら庭で育てていたりして、そんな風に自分で食べる物を自分で育てるのが、生活の一部になっているんだよね。 そしてご近所さんや友人たちとシェアする。 いいじゃあないですか〜!





「トマトが沢山取れたから、キュウリと交換しない?」とか、「ズッキーニが生り過ぎたから取りに来て。家にいないかもしれないけど、庭から取ってっていいから。」って言う、そんな生活なんですよ。都会じゃちょっと味わえないでしょ?




画像

ちょっと小ぶりのライラック。只今満開。







水遣りや肥料やりやら土の準備やら、季節が来るたび忙しいんですよね。 野菜も花も命あるもの。 だから人間と同じように世話を怠ると、それがそのまま現れますしね。 そんなことを毎年続けていくのが田舎の生活の一部です。 





画像

あたしだって、育つ事に毎日忙しいんです。





お買い物に行って新しい流行の服を買うこととか、ハイテクのガジェットを新しいものがでるたびに買い替えたり、そんな生活も楽しいのかもしれないけど、土を触って毎日新しい芽がどんどん膨らむのを見て暮らすのもいいもんです。 




そんな土地では『今話題のレストラン!』なんて無いけどさ、そんなこと別にいいよね・・・と思えてくるから不思議です。




画像

昼間にフラッシュを焚くと、こうなります。 パッと見えるね。





なんて言っておいて、今日は最近見つけたのお気に入りベーカリー 1つご紹介させていただきとう存じます





あ、あの・・・お店の写真は無いんですけどね・・・ 





昨日もカメラは持って行ったのに、あまりに外は暑くて、買ったドーナツにかかったチョコレートが溶けてしまうのを恐れて、サッサと帰路についてしまったもんで・・・ すみません。





お店の名前は ”Glaze”





East Wenatchee側にあるのですが、おしゃれ〜・・・なお店でも何でもないです(えっ?ガクッ・・・)。 でもここのドーナッツは最高! 特にチョコレート・バーという、細長いドーナッツにチョコレートがかかったものがおいしい〜(・・・と個人的に思っている。) もちもちなんですよー、これ! ボリュームあります!!





画像

あたし、結構でかいんです。でもたったの$0.99!





画像

見てみて!このテカリよう!!





サンドイッチはまだ試してませんが、お昼時には混んでます。 サラダなんかも量が多そうで、絶対近々行ってみよう〜!と思っているお店。




 えへん!ウェナッチだっておいしいお店があるんだじぇい!







 結局、自慢はするわ・け・だ。






画像

あたしらはここで結構です。





さあ、これからどんどん良い季節になりますね。 私もまた忙しくなりそうです。 今年は身近な、涼しいシアトルでは赤くならなかったトマトやお日様大好きのハラペーニョペパー、それにブルーベリーから始めてみました。 




簡単な事からね これから田舎暮らしの極意を、どんどん学びたいと思います。





ではまたね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そうです、食べるものは育てられるんです。(笑)

マーケットで売る、楽しかったんですね!
私も今年は挑戦してみようかなぁ。きゅうりとか、ズッキーニとか、どうするよ・・こんなに・・って位になる時があるので。
けど、ここは田舎だから、そういう一般人のマーケットは、月に一度しか開催されないみたい・・。だけど、やってみようかしら。手作りのホットソースとか、サルサとか。

ドーナツ、おいしそう。
菓子パンが無い代わりに、ドーナツですよね。
コルネ
2014/05/16 11:12
コルネさん、
食べられるとやる気出ちゃいますよね
そう、楽しかったですよ♪
お友達できるしね。
(おばちゃん多いですけど。)
野菜とか余ったら捨てるのももったいないし、試してみると良いかもですよ〜。
世界が広がります。

”手作りのもの”に関しては、たぶん州ごとに規則というか、ライセンスがいるとか、あると思うので、調べた方が良いかも。

このドーナッツ、本当においしいんです!
私的に!!
今までアメリカで食べたドーナッツで感動した事はなかったけれど、これは「むむむっ!?」と感じた唯一のもの。
毎回行って、他のものも試したいと思いつつ、これ買っちゃうんですー。
何が違うって、ドーナツ自体のモチモチ感が違うし、ドーナツにしてはずっしりで、ケーキとは全く違うし…と考えているうちに平らげてしまう!と言う感じですねぇ。
全く意味不明ですけど。
次回は絶対ラズベリーフィリングのにするぞ!
(…と言いつつ、チョコのと2つ買っている自分が見えます…
そうそう。
菓子パン無いですよねぇ…ここ。
日本の甘系のも、おかずパンのも(って、言いましたよね?)両方懐かしいわあ〜
おれんぢ猫
2014/05/17 02:42
猫さん

これってエクレアかと思った。ドーナツ大好き。ニューヨークで済んでいたアパートの近くにドーナツパブと言う名前の店があって、24時間やっているんでよく夜中に行ってたんですよ。カウンターもあるので。よくお巡りさんが買ってたなあ。日本のお巡りさんとドーナツは決して結びつきませんね。
野菜、買うの日本では大変。もちろん、パックされた綺麗な野菜は一杯あります。でも作った人の気持ちが入った野菜がないんですよ。なかなか。贅沢、って言う言葉、考えさせられますよ。本当の贅沢って何?って。
AKIKO
2014/05/18 11:45
AKIKOさん、
そうなの!ここのドーナツ大きいんです。
(あれ?エクレアってそんなに大きくなかったですね…
お店は全くおしゃれじゃない(というのは失礼かも?)けれど、ドーナツはいけますよ。
どこか都会の有名店でワザを学んだのかも?と推測してるんです。
NYにはドーナツパブなんてあるんですねぇ。
そうそうお巡りさん=ドーナツってイメージ、ありますね!
でもスタバで休憩してるお巡りさんは良く見るんですけど、あれ?ドーナツ屋に通ってるお巡りさんはまだ見かけたことありません。
私服で訪れるのかしら…?
きっと行く時間帯が違うのですね。
日本のお巡りさんたちは、健康にも厳しいからかな??

野菜の話…日本ではそうなんですか?
その昔、八百屋さんでおじさんが「これ、甘くておいしいから買ってきな〜!」ってやってたのに、今はそうじゃなくなったのかなあ?というよりお野菜農家がどんどん質より量にかわってしまったのかしら?
寂しいですね。
「贅沢」という言葉。
最近は、意味が昔とは逆転したような気がします。
おれんぢ猫
2014/05/19 08:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
田舎では『生』を感じるのさ おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる