おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 不思議な地震のお話

<<   作成日時 : 2014/04/04 09:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、こんにちは! チリでまた大きな地震がありましたねぇ〜 M8.2(だったっけ?)って、大きいですよね!?





あまり被害は無かったようで、良かったですよね。 チリではよく大きなのがあるので、皆さん準備が出来ていたのかしら? やっぱり備えるって、大切ですね。





画像

あたしも備えてるところなんです。 
たぶん自分はライラックだと思うんですけど・・・。






ところで以前書いたかしら・・・? もう書いたかもしれないけれど、皆さんも忘れてるでしょう・・・ことを祈って、また書いてみます。 こちらで経験した地震についてのことなんですけど。





 何それー?






ココウェナッチ・・・というかね、地震が全く起きなさそうな場所なんですけど、実はここでも地震が起こるんですね。





ココからLake Chelan方面へ車を走らせていくと、Earthquake Point という場所がEntiatの近くにあるんですけどね、1872年に起きたM6.8の地震のため山崩れがあって、そばを流れるコロンビア川を塞き止めたほどらしいんですよ。





そこを通るたびに「Earthquake Pointって、地震がここであったってこと?こんなとこでェー!?」と思ってました。






画像

今あたしが満開なんです。






それはいいんですけど、実は私もでいびの実家で不思議な地震の体験をしたことがあったので、今日はそのことについてちょっと書いて見たいと思います。





 前に書いたことあるかもしれないんでしょ? 笑われちゃうよ、もしそうだったらさ!






 い、いいのよっ! アンコールってやつよ!





 そんなのありなのー??






かいつまんで話してみるとね、夕方でいびと義両親たちと夕食後にテレビを見ながらくつろいでいた時に、突然!






「がつーーーん!」とか「ばきーーーん!」とか「がちーん!」とか・・・





 おいおいっ、またなのーお? それって、でいびが頭をごっちんこしたときの音じゃないの?





 違うのっ! ちゃちゃ入れないの!





そう!(って何が?) その岩がぶち当たるような、はたまた爆弾がどこかで爆発したような、そんな大きな音が聞こえたわけ。で、周りの皆に「今の聞いた?」と訪ねると「うん・・・何だったんだ??雷か?」「車のバックファイアーか??」と、皆も理解に苦しんでいるわけよー





ところがそこは人口2,000人にも満たない小さな町(村?)だもんだから、日本シアトルのように”Breaking News!”なんてテレビにすぐ流れるわけがないのよ。 でもそこはでいびのお母さん「なんだったか知りたいから○×に電話してみるわ!」と、うわさをキャッチするのが早いらしい近くの知り合いの人に電話をしたの。





画像
 
もう出て来てもいいっすよね?






そしたらお義母さん「えっ!?地震??うっそー!(とは言わなかったけど)」だってー!






 あんなところでも(失礼!)地震が起きるんですねぇ〜!






地震って、私はどうしても陸続きのところでは起きそうにない気がしていたんですけど、違うんですよね。 はっきり言ってびっくりしました。





画像

びっくりさせないでくださいよ。
縮こまっちゃうなあ。






それに、日本で経験する地震とはゆれ方が違う! 日本だと大きい地震なんかゆっさゆっさ揺れるじゃないですか? それがこの時のは『ガクン!』という衝撃と、がつーん!という爆音だけ。それも一瞬よ。





それもね、次の日わかったんですけど、ここらで起きる地震ってね、”地中で岩がずれる”ような感覚らしいんです。
確かに地震はプレートがずれて、それが地中や海中から伝わって振動する・・・感じですが、こちらの地震はまさに積み重なっていた岩がずれてゴチン!と落ちる・・・だけ・・・のような感覚らしいです。





 ふーしーぎーィ!






画像

のびのびーィ!






チリの地震で、日本は津波警報・・・注意報を出しました!と聞いたから、思わず日本の父にメールを送ったんだけど返事が来ず、「さぼってやがるなっ!?」と今度は弟にメールを送ったのにまた返事が来ず。





後で一緒のタイミングで返事が来ましたとさ!






  人が心配してるっていうのにさっ!! 






 皆さん、無事で何よりでございました。





ところでこんなビデオ(というのか?)を見つけました。 ディズニー映画の”Frozen”の曲を25カ国の違う言葉で歌ったものですって。 日本の松たか子さんって、歌えたんですねぇ〜! (失礼な私・・・











なかなかよろしいよね






ではまたね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう、アイダホでも最近地震があったんですよ。家の方は全然感じなかったんですけどね。Challisというロッキー山脈の中間(?)というか麓と言うか、そこで起こったそうです。同じ日にイエローストーンでも起こったそうですし。

数年前に、ネバダ州のWellsという町でも大きな地震があって、その時は、ここでも「あれ?今の地震?」って感じでチョコット揺れました。所によっては、「ドーン!」と言う音が聞こえたとか。

グレープ・ヒヤシンス、家も今咲き始めてますよ。パッと見はただの青紫だけど、近づいてよーく見ると、すずらんみたいでかわいいですよね。
Frozenのビデオ、なんだかみんな声が似てますね。一人の人が歌ってるのかな?日本語は松たか子さんだけど。松さんは、ズーット前にレコードデビューした時、あら〜?でしたが、上手くなりましたねぇ。けど、ちょっとパンチが足りないって思うんです。
コルネ
2014/04/06 10:32
コルネさん、
やっぱり内陸地で起きる地震って不思議ですよね!
そうそう!その「どーん!」って言う音なんですよ。(どかーんとか、がちーんとか。)
しつこいよ!)
音にびっくりして、あれ?揺れたの??と言う感覚。
だから日本で、ぐらぐらっ!とか、ゆさゆさ!という電線も揺れてるねぇ…と言うのとは、全く違う新鮮さ(?)があったり。
地震にもいろいろな形があるのね、と学びましたわ

コルネさんとこも今頃なんですね。
やっぱり少し遅めの開花ですよね?
ムスカリちゃんって、小さな袋が連なってるようで、思わずのぞいてみたくなります。

Frozenの歌!
皆…本当ですよねぇ〜!
同じような声質を選んだのかしら?
面白いと思ったのは、日本語って本当にシンプル…と言うか、他の国の言葉のように舌を回したりしないから、さらさらサクッ!と言う感じで聞こえますよね。
松さんの歌ってるとこ、初めて聞きました
おれんぢ猫
2014/04/07 03:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
不思議な地震のお話 おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる