おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 痛みは怒りに値する

<<   作成日時 : 2012/12/15 10:13   >>

トラックバック 0 / コメント 8

まただ・・・また起きた。




つい先日オレゴンのポートランドにあるMall(ショッピング・センター)で起きた銃撃事件で驚いたと思った矢先に、
今日はまたコネチカットのNewtownというところでの銃撃事件だ。





悲しいのは今回の被害者は、ほとんど5歳〜10歳の間の小さな子供たちだったこと。





20人もの幼い無実の子供たちが、いつもと変わりない一日を楽しい安全なはずの学校(幼稚園)で、学び、
友人と遊び、そして・・・もう二度と両親の元へ帰らなくなるなんて誰が想像したろう・・・?





画像






今日はおまけに中国でも同じような事件があったとか・・・?





一体何なのよ? どうしたのよ? ・・・と、疑問が渦巻くばかり。





画像






テレビの画面では、恐怖におののいた子供たちが列を作って、泣きながら校庭を歩いていた。





この子達は大丈夫だろうか?





悪夢にうなされて、夜中に泣き叫ぶのだろうか?






クリスマスの朝にプレゼントを開けて、友人の家のクリスマスツリーの下に置かれた、もう貰い手のなくなったプレゼントのことを想像したりするんだろうか?






そんなことを考えていたら、心が痛んで痛んで仕方なくなった。





画像






事件後、一番初めに現場に入った警察官や救急・消防隊員たちは、やはり見た光景に言葉を失い、出てきたときには涙を流して呆然としていたと聞いた。






それでも子供たちの心は順応性があるから、時が経つと共にきっと恐怖感も薄れていってくれるんだろう。
そう願いたい。




しかし、大人には「サッサと忘れる」ということがなかなか出来ないことだと思う。





そう考えると、子供を亡くした親たちの心は・・・想像を絶するほどの絶望感で満たされるのだろうと思う。
やりきれない。





コネチカットは此処から遥か遠くの、国の反対側に位置しているけれど、悲しみや怒りを感じることに距離感はない。





画像







うちには子供がいないけれど、家族や親しい友人がある日突然いなくなることを想像したら・・・





朝一緒に馬鹿なことで笑い、無邪気に夕方の予定を立てていたのに、それが全く無意味なことになったら・・・





いてもたってもいられなくなった。





画像






同時に、無実の人間に銃を向けたやつに対して本当に腹が立った。





でも・・・この「やつ」、どうも心が不安定な人らしい。





こんな時、心の痛みや怒りをどこに向けてよいのかわからない!





画像






今日また「平常」が無理やり捻じ曲げられた。
そんな一日、眉間にしわを寄せたまま、でいびを沢山ハグしました。





画像






亡くなった罪の無い子供たち、そして一緒に被害に遭い命を落とした6人(と聞いた。)の方々に、
心よりご冥福をお祈りいたします。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
何の罪もない 小さな子供たちを銃で撃つなんて 理不尽にも程がある!
何て事なんだろう! 人間が 病んでいる。
こうした 病んだ人が 
最近増えて来たのね。
科学や文化が発達しても 人間の根源は
少しも進歩していない。
悲しいことです。
そして 人間として とても恥ずかしいですよね。
chigusano
2012/12/15 18:55
ちぐささん、
ホントです。
中身を病んだ人がとっても増えてますよね。
大人たちをバババッ!と乱射…というのではなくて、幼い子ども達を一人ひとり撃ったと聞いたので、更に心が痛みました。
どれだけ怖かったんだろう…と。

巻き込まれてしまった人たちが、ちゃんと立ち直れるように祈るばかりです。
おれんぢ猫
2012/12/16 04:44
こんばんは〜
あいにくの雨だし、このところめっきり寒くなりましたね〜
シアトルにも本格的な冬がやってきましたね!

今回犠牲になってしまったお子様のお父さんが
今の心境を話しているシーンを映像で観ました。
私はネイティブ英語が殆ど聴き取れないにも関わらず、心の痛みが私の胸まで突き刺し、
私も思わず泣いてしまいました。
彼らの悲しみは、、きっと言葉を超えて伝わって来たのだと思います。
銃規制は難しい問題で、解決には程遠いと思いますので、この場での私の意見は控えさせていただきますが、遺族の皆様の心が、、少しでも軽くなる日が、いつか来る事を心から祈って止みません。。

おれんぢ猫さんに教えていただいた「ベーカリーヌーボー」に行って来ました!
美味しかったです☆
私の記事にUPしましたので、
お暇な時にでも遊びに来て下さいませ。
素敵な情報をいつも有難うございま〜す!!
pinksalmon
2012/12/20 10:38
pinksalmonさん、
こんにちは〜☆
本当に寒いですね〜。
湿気があるので、冷たさも加わって、もう外に出るのが嫌だわ〜…的な毎日ですね

本当にこの事件には心が痛みます。
お子さんたちをあっという間に失ってしまったご両親たちや、子供を守ろうとした先生のことや、もうどうしてなの?何故起きたの??と、疑問ばかりがぐるぐるします。
犯人が捕まったわけじゃないから、余計納得できない事件ですよね。
こういうことに対しては言葉なんて、ですよ。
きっとpinksalmonさんにも、お父さんの悲しみがひしひしと伝わったのでしょうね。
私はそれを見た時に思わずチャンネルを変えました。
悲しすぎです。

ええええーーーーっ!?
と、そこまで驚かなくても…。)
Junctionにいらしたんですねぇ?
なーんだ、一言誘ってくだされば出向きましたのに
サンドイッチはまだ食べたことないんですよ。
クロワッサン、やっぱりおいしかったですよね!?
次回はご一緒致しますよ〜
おれんぢ猫
2012/12/20 11:27
おれんぢ猫さんのお家はそんなに近いんですね〜
ダーリンもすっごくベーカリーが気に入ってますので、またぜひ行きたいです。
オマケのダーリンも一緒で宜しければご一緒して下さいませ〜(喜)
因みにおれんぢ猫さんへのご連絡欄って、
ブログ上にありますか?
リブログの会員にならないと無理でしょうか?
pinksalmon
2012/12/20 12:40
pinksalmonさん、
近い…といえば、近くですね。
同じ町内にある…という感じです^^。
あそこは中が狭い!と言うのがちょっとネックですよね。
おいしいから許すけど!?

そうなんですよ〜。
このブログ、メッセージを送る…っていうのがあるのに、ウェブリブログメンバーでないと送れないっていうの、使えないですよね。
ちょっと探ってみます。
おれんぢ猫
2012/12/21 05:04
おれんぢ猫さんへ

では、差し支えなければ、私のブログのコメント欄に入れておいて下さると嬉しいです。
私がコメント承認をしなければ、UPされませんのでご安心を〜。
心配であれば、忘れて下さいませ〜(笑)
pinksalmon
2012/12/21 09:34
pinksalmonさん、
了解です。
やっぱりうちのブログではメンバー同士でないと、メッセージの交換は出来ないようでした。
変ですよね〜。
おれんぢ猫
2012/12/21 11:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
痛みは怒りに値する おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる