おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS でいびが泣いた日 

<<   作成日時 : 2012/11/17 10:48   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 おえーん・・・





 Oh, Noooooo−−!!





 だめだァーーーーっ!! 行かないでくれぇーーーーっ!!!





と、でいびを泣かせたのは・・・??





このニュース





”Hostess Brand is Closed.”




そしてこのニュースも観てみて! → 





不況ですよ、不況!
やっぱり大きな会社でも不況には勝てない。





これね、ベーカーの皆さん(ベーカリーの部門で働いている人たち。)がストライキに入ってしまって、会社が「もし仕事に戻らなかったら、仕事そのものが無くなるかもしれないよ。」って言う警告をしていたのにそれを信じなかったがために、全米のHostess従業員18,000人が解雇されることになり、ブランドそのものも無くなる事に相成ったということです。





私は個人的にどこの会社でも「こんな不況にストライキに入る人(自我を押し通そうとする人。)はサポート出来ない。仕事があるだけで幸せと思え!」と思っているので「あら、大変!」という感情は湧きませんでした。
でもベーカー以外の、まじめに働いていた人にとっては迷惑な話よね、ホント。
この会社1930年に設立された、歴史のある会社なのよ、一応。




あ、日本の皆さんはHostessってどんな会社か知りませんね。






このホステスと言う会社は、TwinkiesHo−hos,Cupcakes,DingDongなどの甘ーいお菓子を作る会社で、
WonderBreadというパンも作っています。
このブランドが無くなってしまう・・・。





甘いもの好きなでいび、泣くわけですよ





画像

こちらがカップケーキ。
お砂糖抜きのストレート・ティーとどうぞ〜♪






今日なんか銀行へ行く用事があったので一緒に行くと「じゃあTargetにも行こう!」と言うじゃありませんか。




「何か買うものあるの?」と聞くと、すかさず「Twinkies!」





 あーーー・・・そうですか。





ところがTargetへ行ってみると、お目当てのものはすでに売り切れ!!!





残っているのはCupcakesが二箱と、そのほかドーナッツなどのマイナー商品。





人気のTwinkies, DingDongHo−hosなんてすでに無かったですよ






 (← でいび。)ぅえええーーーーんんっ・・・





売り切れたらもう終わりですからねぇ・・・。
だってもう製造されないんだもん。





使用されている薬品やお砂糖の量から、10年、15年又は100年は持つ!という恐ろしいうわさのあるこの商品、なくなってしまうのは残念です。
だって「地球最後の日」が来て、万が一生き残ってしまったら、これで生き延びれるじゃあないですかっ!!





 本気で言ってるのぉー??





 生き延びても病気になっちゃうかもね!?





画像

あたしたちを食べたらきっと病気になってよ!






 うーん、これででいびからの手作りスイーツのリクエストが増えるんだわ。
「夕飯までTwinkiesでも与えておいて・・・。」なんて出来なくなるんだわね・・・。











でもきっとそのうちこの会社を買い取って引き継いでくれる人が現れるに決まってるわ!
だってこのブランド、アメリカじゃあ超有名だし、たぶんもう少し人間が食べても大丈夫なように「カロリーを抑えたTwinkies!」とか出てくるかもしれないよね!?





 ボクは人間じゃないって言うのかいっ!?





 今日はスパゲッティーよ!!!(・・・と、話題を変える。)





皆さんもカロリーは控えめに・・・





さてそれではスパゲッティー作ってきます。





また明日〜☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
我が夫も淋しがってますよ〜。ま、うちは、ほとんど買わないんですけどね。
数ヶ月前に、Twinkiesの売り上げが下がってるってニュースをやってましたよね。まさか、倒産!って思わなかったですねぇ。いくら、ヘルシーなスナックが流行ってるって言っても、アメリカ人には、あの甘さは捨てられないだろう・・と思ってたんですけどね。

うん、仕事があるだけまし!ですよね。
けど、ホステスの社員だけではなくて、他の所にも影響してくるんだろうなぁ・・なんて思うと気の毒ですよね。

ああ、ウチも今夜はスパゲティーでしたよ。コテコテのナポリタン!(笑)
コルネ
2012/11/17 12:09
ひえ〜! あのTwinkiesがなくなってしまうんですか?
私の知人も大好きだそうですが、お好きな皆さんには大変な悲しみでしょうね(^^;
破産法適用とかで案外すぐ戻ってきたりはしないんでしょうか?

「もし仕事に戻らなかったら、仕事そのものが無くなるかもしれないよ。」って言う警告をしていたのにそれを信じなかったって、うーん、なんというか、当事者にはいろんな事情もあったんでしょうが、傍から聞くと、イソップか何かの皮肉の効いたお伽話みたいな、愚かな感じがしてしまいますね(^^;

売り切れと聞き、もしやと思ったらやっぱり。
Ebayで高く売られてるみたいですよ(ーー;
prunus
2012/11/18 03:16
コルネさん、
あーやっぱりアメリカ人にとっては寂しいもんなんでしょうねぇ。
きっと買わなくて(買わない方が?)良いものなんでしょうけど、ついつい…かご(ショッピングカートですね。)に入れてしまうものなのかなあ〜?と。
どのニュースを観ても、きっと誰かが買い取って同じブランドを引き継いでいくでしょう…と言ってます。
「ローカロリー、グルテンフリー、ノンファット!」ってなっちゃうと、買う人減るかもしれないですけどね^^。
(やっぱりアメリカスイーツは不健康でないと。)

そうそう。
こんな時だから、仕事はあるだけで幸せです。

コルネさんもスパゲッティー♪
うちはビン入りのソースでしたけど…
コルネさんちのは日本の喫茶店で食べられるようなナポリタンでしょうか?
それも今は貴重だそうですよ!
おれんぢ猫
2012/11/18 04:30
prunusさん、
そうなんですよー!無くなっちゃうんです。
私もアメリカに来た当時は「こんなの甘くてダメ…。」と食べられませんでしたけど、もう最近は「一つくらいなら、お茶と一緒に。」と、アダプトしちゃいました!?
(良くないですねー。)

「警告」を出される前に、もう何度か倒産の危機はあったんですって。
だから本当に「少年と狼」じゃないけど、今回も脅しに決まってる!と信じなかったんでしょうねぇ。

私も見ましたよ〜!
「これは今とっても価値のあるものだから、とても食べることなんか出来ない。」なんて言ってる人。
「売ってクリスマスプレゼント代の足しにする。」なんて人も!
あーアメリカならでは…

ちなみにTwinkiesにレシピ、オンラインで見られます。
自分でも作れるんだ…とがっくしきましたけど。
(賞味期限はずっと短いですけど。)
おれんぢ猫
2012/11/18 04:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
でいびが泣いた日  おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる