おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS お山を越えたら暑かった・Lucerneの巻

<<   作成日時 : 2012/08/19 10:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ただいま、皆さん
オレンジ猫とでいびは、無事に一昨日帰宅いたしました。



しっかし・・・




お山(North Cascade山脈)の向こう側はしっかりとちゃんとした暑い夏でございました。
お山のこちら側はなんともすっきりしない、寒い・・・あれ、暑いかな??・・・えっ!?また行ってしまったの??
というようなつまらない夏でしたのにね〜。



「でしたのに。」と書きましたが、それは今日すでにシアトルのお空はすっかりとグレーに戻り、秋の気配がしているから。




 ・・・ 夏は・・・たぶん・・・来たんだろうけど、気がつかなかったなあ・・・。




さて!気を取り直して、猫のプチ・バケーションのことを少し書いてみますね。
行き先はLake Chelanの湖畔にある、ボートでしかたどり着けないLucerneというところ。
出発日には早朝5時半に家を出ました。
そんな早くからお腹が空いてるわけもなく、コーヒーだけ作って、ボートで簡単に食べられる朝食をつめました。



画像

Fields Pointという、ボートがChelanの次に停まる発着場です。
先発の”Lady Express”の到着。
私たちのボートはこの後に来る”Lady of the Lake II”
その名の通り、Expressの方がずっと早く最終駅?港?のStehekinに到着します。




画像

今日もお天気が良いですよ。
お日様が腕にじりじりと・・・




画像

ここはPrince Creekというところ。
ここからハイクに出かける二人のバックパッカーを降ろして。
過去の山火事で燃えた木々がそのまま黒々と立っています。




・・・と思ったら




画像

同じ湖畔側(ハイカーの降りた地点から、少し左へ行ったところ。)に大きな熊発見!!
ボートから距離があるのに、この熊とっても大きく見えましたよ。
バックパッカーのお二人、きっと気づかなかったでしょうけど、彼らは右方面へ、そして熊は逆方面へ歩いてたのできっと大丈夫でしょう・・・きっと・・・たぶん・・・ははっ(汗)。




さてFields Pointから目的地のLucerneまでは、Lady of the Lake IIで、約2時間。
その間景色を楽しんだり、本を読んだり、昼寝をするなど、人それぞれの楽しみ方があります。
でいびと私は景色を眺めながら、時々上の写真のような野生の動物を発見したりするのが楽しみ。




画像

そうこうしている間に、Lucerneが見えてきました。
写真をクリックして頂くと、小さな家々が見えるんですが、この家たちはその昔ここから山を入ったところにある
Holden Mineという『銅、銀その他』の鉱山で働いていた人たちのハウジングとして建てられた物です。
このMineはすでに廃鉱となっていますが、現在政府はそこをきれいにするための作業をしているところで、沢山のトラックや作業員・作業に必要な用具などがBarge(はしけ?)によってChelanから運び込まれています。


*興味のある方へ、それに関する事柄はこちら→




画像

Lucerneのボート発着場。
黄色いスクールバス、見えますか〜?
Holden Mineのすぐ近くにある、Holden Villageに行く人たちは、これで送り迎えされます。
ここからは山道なので乗り心地が良いとは言えません




画像

ボートは最終発着地であるStehekinへと向かいます。




画像

向こうに見えるのが、私たちが寝泊りさせてもらったLucerne Guard Station
でいびの両親がボランティアとして働いていますが、居心地の良いリゾートのように隅から隅まできれいにして、庭にも花などを植えました。
野菜も試したそうですが、リスや鹿なども訪れるので、止めたそうです。
自分たちで食べられなかったらねぇ・・・



画像

”Smokey the Bear”も、ここに住んでいます^^。




画像

キャビンの近くにあるキャンプ場に来ていた人たちの犬君。
オーナーが『取って来い!』というまで、待ての姿勢。




画像

こんなリスや・・・




画像

こんなリスがあちこち駆け回ってました。




画像

良い眺めでしょう?
ここにテントを張って、キャンプできますよ。




画像

Glacier Fed(万年雪や冬の間に降った雪の溶けた水)の湖水は、体がしびれるほど冷たい〜!
でもとっても澄んでいます。



初日は特に何もせず、お昼を食べた後に昼寝をしたり、周りを散歩しながら写真を撮ったりとゆっくりしました。



近くの、Leavenworthから訪れていたボートキャンパーのカップル(+犬2匹)はボートの故障で困っていたので、でいびとでいびのお父さん、そしてボートクラブにいる車などの修理大好きおじさんがお手伝いをかってでました。



以前Holden Mineの鉱山夫たちのために使われていたキャビンは、現在Lake Chelan Boating Clubメンバーのクラブハウス、及び住居として使われています。
その日偶然そこに来ていた『修理大好きおじさん』。
いてくれて良かったねぇ〜!というところ。
でなかったら、Lady of the Lake IIでChelanまで戻って、修理人を頼むことになっていたかも・・・?





結局次の日のボート便でパーツを送ってもらうことになり、一安心。




Lucerneにはサテライトの電話機が一台ありますが、それ以外はネットも見ることが出来ないし、携帯なんて使えない。
Forest Serviceは主にラジオで連絡を取り合っていますが、夜にボートまたは飛行機でしか行けない所なので、
緊急事態が起きた時のためのことを事前に考えておく必要ありです!




さて、今日はこんなところで。
また明日続きをちょこっと(と言っても今日は長かったですね。すんません)書いてみますね。
もう少しお付き合い下さいませ。




画像

ワイルドフラワー・・・名前はなんというんでしょう?




画像

これも苔って言うのかしら??





画像

見上げないと、全体の見えないFir Tree(もみの木)。





では、また明日〜☆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
お山を越えたら暑かった・Lucerneの巻 おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる