おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 山火事の季節なんですよ

<<   作成日時 : 2012/07/09 10:21   >>

トラックバック 0 / コメント 4

タバコは吸ったらその場で捨てない、投げない!


キャンプで火を焚いたら(キャンプファイヤーのことよ。)、手を突っ込んでも良いほど温度が下がるまで水をまく。
実際にはやらないでね〜!火傷するから。)


これ、乾いた土地では基本です。



画像

ガラガラヘビのしっぽではありません。



毎年、今の季節は火の扱いにとても気をつけなくてはいけません。
車からポイッ!と何気に投げ捨てられたタバコの吸殻で、またはキャンプファイヤーをして消えたと思ったくすぶった灰から、花火で散った火花、そして単にカチッ!とメタル同士が触れ合って起きた火花から、大きな火事に変わる・・・。


原因はいろいろです。


雷も然り。 雨の降らない乾いた雷って、とっても危ない。
木も枯れ草も何もかも乾いているから、燃えるものは沢山あるんですよね。 山や野原一面が炎と化す・・・。
怖いんです。



画像

怖いんです。


以前夏の間だけ、でいびの実家にお世話になっていたことがありました。
1994年の夏のことです。


あの時、あの ”Tyee Creek Fire” と名づけられた山火事の始まりを、今でも覚えています。
あの日はでいびのお父さんのボートで、でいび、私、お義父さんとその友達とで、Lake ChelanDeer Pointと言うChelanから北へ23マイル行ったところへピクニック兼・泳ぎに出かけたのです。


沢山遊んで、午後遅くに戻ってくる途中、風が吹き始め水面が荒れ始めました。
そしてその時に何ともいや〜な生温かい風が『上から』吹き下りてきたんです。
感じとしては ”ドライヤーの温風が上からぶわぁ〜っと吹いてきたような?


「およっ!?」と思い、周りを見回すと、空は雲がすんごい速さで動いて、こりゃあ荒れるなと。


思ったとおり、ボートランチに戻った時には、荒れ荒れの模様。
雨も降ってきたし。
そしてその夜だったか、次の日だったかに、火事のことを知らされたわけです。


『雷がなって、大木に落ちて、それで火事になったらしいよ・・・。』 と。


そこで「ぴーん!」と来た物が。


あの『いやーな生温かい風』は、きっとその前触れだったのよね!?


この山火事、何と33日間燃え続け、あちこちに広がって大変でした。
山のキャビンや、普通の人の家も沢山焼けてしまいました。
それも雷の落ちた箇所は、一箇所だけではなかったようだし。
でいびの実家からも遠くの山のてっぺんが燃えているところ、その火がこちら側に下りてくるのさえ見えたんです。
それが速いこと速いこと・・・
湖の向こう側とは言え、怖かった〜



画像

ボクは怖くなかった・・・その場にいなかったし・・・。
し、知らないね。




昼間でも飛んでくる灰や煙のため、空はグレーでしたよ。
太陽もそれに隠されて、何だか異様な世界。


そんな光景それまで見たこともなかったから、今でもはっきり覚えています。


その当時働いていたChelanにあるお店でも、昼休みになると外で湖から大きなバケツで水を汲む
”Sky Crane” と言うヘリコプターを眺めたり、話題は山火事のことでもちきり。


どでかいバケツで水を汲んだスカイ・クレーンは、それを火事の現場へ運んで水を上からザーッと落とすんですね。


煙でのどが痛かった日々もしっかり思い出せます。


前のブログでも書いたけど、その時のお天気や情景、当時よくラジオでかかっていた音楽なんかもそっくり記憶に残ってるの。
『山火事セット』みたいにね。



画像

うん、暑かったよね。


つい最近もコロラド州で大きな火事がありましたよね。
沢山の家々が焼けてしまいました。
あんなことが起きないように、火の扱いには気をつけないと取り返しのつかないことになります、ってことを今日は書きたかったのですよ。


自然が起こした火事はどうしようもないだろうけど、人の不注意で恐ろしい火事になったら取り返しがつかない。


ちなみにこういった火事が、例えば自分の消し忘れたタバコの吸殻でおきてしまった場合、逮捕されてそれなりの罪を償うことになったりします。
それがほんの間違いであってもね。


だーかーらー、気をつけようね


タバコはさ、体にも良くないしね。



画像

今日見た雲。



画像

でいびにも見せたげた。



でもこの曇ったら、夕方5時過ぎにはぜーんぶどっかへ消えてしまいました。



 ふーしーぎぃー!



昨日は、West Seattleにこの春出来たばっかりの、Trader Joe'sへ行ってお買い物しました。
こちら↓を買いました〜!

画像



ちゃんと入れたコーヒーのお味にとっても近いインスタントコーヒーだそうです。
アイスのコーヒー作ってみましたが、悪くありません。
インスタントの味はするかもしれませんが・・・


画像



こちらは以前試し済みの Tea。
結構おいしいと思う。



画像




そしてワインボトルほどのの大きさもある、メープルシロップ。
お買い得でございます



画像

紫陽花がね、最近とてもきれいなんです。



画像

ほらね〜、かわいい♪



そんでは、今日はこれでね〜☆



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そんな大山火事に遭遇されていたのですね!
33日間ってすごいですね。
ハワイでも毎年のように山火事になり、たしか1週間くらい続いたこともありました。ハイウェイの両側に火が迫って、恐ろしかったです。
やっぱりヘリコプターで海から水をくんできて消火にあたっていましたが、消火専用のヘリではなくてたぶん軍用のだったのではないかしら、バケツが小さくみえたこと! まるでミツバチが花粉を運んでるくらいのスケールに見えてしまって、あんなんで足しになるのかしらね、と言い合ってました。

Chelanでお仕事されてたんですね! 今回Chelanは行くことができませんでしたが、お勧めの場所などがあったら、ぜひ教えてくださいませ!
Tomozo
2012/07/09 16:21
Tomozoさん、
そうなんですよ〜。
もう長いこと火事が収まらずに、どんどん広がっていくので、山火事って怖いなあ…と思いました。
家の火事とは違って、水をかければすぐ消える、じゃないんですよね。
水が届く範囲ではかけるけど、何せ山だもの…。
火には火で戦う!と言う方法も使ったり、いろいろあるみたいです。
そのうちそんなこともブログに書いてみますね!

Chelanでの仕事はアメリカでの初仕事だったんです〜!
それについても次回書きます。
お勧めのお店なども一緒に!
では
オレンジ猫
2012/07/10 08:30
山火事で家を無くした人達が声を詰まらせながらインタビューに答えている姿を見ると、いたたまれないね。この不景気で保険に入ってない人達も多いだろうし。東海岸でも嵐のおかげで停電が続いて、灼熱地獄らしいし。
シアトルで雨が続いても、文句言ったらバチが当たりそう。
shoko
2012/07/10 09:34
shokoさん、
ホントねぇ…。
自分の家やご近所の家がもろとも燃えてしまって、戻ってきたら跡形も無い…なんて、本当にショッキングだろうなあ…と思いますねぇ。

家一軒丸ごと、財産全て失うってどうなんだろう…と、想像もできないね。

やっぱりシアトルって住むには良いところなんだねぇ〜、とつくづく思ってしまう。
雨くらい、なんだっ!って言われちゃうよね。
オレンジ猫
2012/07/10 11:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
山火事の季節なんですよ おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる