おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 隣の芝は青い・・・でも災害は怖い

<<   作成日時 : 2012/06/03 08:47   >>

トラックバック 0 / コメント 2

うらやましい〜 とかね、



お金があるとやっぱりいいわね〜 とか、



そんな風に思ったことはないんですよ、お隣さん。



ま、お金があると何でもできるんだわな・・・とは思わされるけれどね。



こんな不況のさなか、バスルームとキャビネットのリモデル、



その昔乗っていたジープに加え、まっ黄色のフォードのスポーツカー、



それにいきなりメルセデスのSUV! 買っちゃうしね。



お隣さん、二人暮らし(男性よ。)なんだけど、車3台いるんですか〜?って。



しばらくしたらジープは処分したようですけど。



ここ最近は裏庭をリモデルしているようで、大きな植木を取り去ったり、



いろいろやっています。



言っときますけど、こういったリモデル全部会社を雇ってしてもらっています。



今度は芝刈りなんかも人を雇ってやってもらうって言ってたし・・・。



その上ですよ〜、毎週クリーニングの人が2人来るんです!



でもそれってさあ、余計なお世話なんじゃな〜い?)



・・・・!!)



うちだったら・・・自分たちでチビチビと地道にやるしかないし・・・



良いんだけどさ〜



これってやっぱひがみですかね・・・



お金はあるところにあるもんだなあ〜って、感心してるだけなんだけどね。



画像

今日のお空は、ミックスで。



とーこーろーでぇーー



今日はまた家事をしながらラジオを聴いてました。



ラジオを聴きながら何かやるの、好きなんです。



それで、今日は災害時の準備・・・なんかの事が話題になっていて、



私、興味深く 「ふむふむ・・・。」 と、うなずきましたよ。



以前にも書いたかもしれないけど、シアトルも大地震から逃れられない土地ですよね。



もういつ来てもおかしくない・・・と言われて、月日はたっていきますけど、



本当にいつか来るんですよね。



その時に、どれだけ自分が用意出来てるか



来ることはわかっていて、それは時間の問題だけ。



それならその時に人々はどれだけ余裕を持って立ち向えるかってことが重要なのね。



画像

デルフィ二ウム、咲き始めました。



例えば、大きな地震が来た時、



カップボード(食器棚)のドアはバッカンバッカン開かないようにしてあるか?



(アパートにいたときにあの大きな地震が来たので(2000年のこと)、お皿やカップが落ちて割れたことがあります。)


大きな本棚が倒れないようにしてあるか?



飾ってあるものが落ちて来ないように工夫はしてあるか?



(立てかけてあった大きな鏡が倒れていすの足に大きな傷が・・・



食料は、水は充分にあるか?



電池やラジオや懐中電灯は用意してあるか?



どこに逃げるか知っているか?



逃げる経路は把握しているのか?



家族との連絡はどうやって取るのか? Etc.



もう書き上げていったら切りがないほど。



出来てますか?



画像

んっ?出来てるの??



今日は特に、太陽のSolar Flare(太陽フレアっていうんですか?)によって起こるかもしれない、



”磁気嵐”について話していました。



これによって、電気関係全てがストップする恐れがあるとか。



画像

えっ!?そうなの??




でも、しないかもしれないよね?)



でも、するかもしれないんだろ?)



もしそうなってしまったら、本当に何もかもが、世界が(!)止まってしまう。



ちょっと信じがたいけど、電話も(携帯もよ)、PCも、テレビも、ラジオも、道路の信号も、お店の電気も、



全部ダメになるのよ、ね




でもこれさ、もしも、の話でしょう?)




電気系統のものが全てやられてしまったら、車だって動かないかもしれない?



バスも動かないし、電車も、飛行機もよ。



そんなときに自分の家で、家族だけで生き延びていく自信はあるの?ってこと。



あのトム・クルーズ映画 ”War of the world”を思い出してくれたら、その雰囲気がつかめるかな?



磁気嵐に限らず、どんな災害でも、交通や普段の生活が途切れてしまうことはありえるからね〜。



画像

Mountain Laurelさんは聞きました。
「何日くらい生き延びられれば良いのかしらね?」




私は思うんです



こういった災害時には、政府の対応が一番遅いだろうって。



だから自分たちで、1週間や2週間、きっと1ヶ月くらい余裕の自給自足でいけるくらいの準備が必要だわって。



人に頼らないできちんと対応できれば、



たぶん生き延びれるだろうなあ・・・。



人になんか、特に政府には頼れないっていう気でいなければいけないね。



画像

ただもくもく・・・。



ことあるごとに、うちもキャンプ出来るようにマッチやら、水やら、長持ちする食料を買い足したり、



毛布も古いので良いからと、プラスチックの袋に入れて、ガレージの中に置いてあります。



そう。



家がつぶれてしまったら・・・というシナリオを設定して、



外でしばらく生活できるようなものを揃えると良いんですよね。



画像

私たちはいつもお外にいるわよ。だから大丈夫ね!



あ〜〜〜〜・・・本当は、そんな怖いこと考えたくないですね。



でも、今考えておいた方が、きっといいと思います。




画像

念のため。



こちらの紅茶、ミルク・ティー派の方にはお勧め。



画像

ワールド・マーケットで売ってるの。



とーってもおいしく濃く出ます。



私はこの紅茶にハーフ&ハーフ(牛乳&クリームです。)が今のお気に入り。



それでは、今日はこの辺で〜☆



Have a nice weekend



画像

お砂糖をまぶしたような、カーラリリー。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
災害の準備 我が家では ほとんどできていないような・・・・
オレンジ猫さんの 今日の文を読んで
恐ろしくなりました。
なんだか他人事のような気がしている
私なんか いざとなったら
何にも出来なくて 怖気づく一人でしょう。
今日からでも 意識改革をしないと!
心して 務めます。

デルフィニュウム 大好きな花です。
まだ うちには ありません。
拝見して とても植えたくなりました♪
chigusano
2012/06/03 19:31
ちぐささん、
何かねぇ…日本の地震のこともあるし、こちらの地震も怖いし、災害や何やら起きてしまったら人には頼れないなって気がするんです。
きっとおろおろしてしまうし、怖いだろうし、でも準備が少しでも出来ていたら、少しは心強いかな?と。
お隣さんたちも皆準備出来ていたら、お互い助け合えるし、楽になるって思います。

アメリカの場合は特に、銃が沢山出回っているでしょう?
それで人の家や店を襲って、食べ物や何かを盗むという行為に走る人、絶対沢山いるんです。
自分で準備で来てたら、そんな事しないのに…という思いもありますね〜。
がんばりましょう〜!

デルフィニウムは人気がありますね!
やっぱりあのきれいなブルーに魅せられてしまいます〜
オレンジ猫
2012/06/04 07:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
隣の芝は青い・・・でも災害は怖い おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる