おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS Extra〜extra〜!! Read all about it!

<<   作成日時 : 2011/10/04 09:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

地元(シアトル)っ子のアマンダ・ノックス

今日元の判決がひっくり返されて、無実となりました。

日本の皆はこのニュースをどれだけ耳にしたかわからないけれど、

アマンダはここシアトルに家族がいるし、University of Washingtonの学生さんだったこともあって

ここではそれは大きなニュースだったわけ。

概要を書くとこんな感じ。

イタリアペルジア(Perugia)というところで留学生として一軒家をシェアして住んでいたある時、

ハウスメイトであった、メレディス・カーチャーというイギリスからの留学生がその家で殺されてしまったの。

それでアマンダとその当時の彼氏であったラファエル・ソリチトが疑われて、

最初はアマンダが数々のおかしな行動を冒したために『怪しい』ということで、

そしてそれに伴う”怪しい””胡散臭い”『証拠』が出てきて、ついに懲役26年の『有罪』となって今日まで4年がすでに経っていたのよ。

詳しい内容は省きますけど、結局イタリア警察の『物的証拠』の扱い方に問題があったこと、

それにイタリアのメディアが作り上げたような「嘘のアマンダ像」がそのまま鵜呑みにされてしまったような感じだったこと、

などが問題にあがって、裁判官が「証拠の洗い直しを命ずる!」ということになったの。

その結果『物的証拠』であったはずのものは事件から45日後に集められたものであったり、

『犯人』のDNAであったはずの、犯行に使用されたナイフについていたものはただのケシの実(!)であったりと、

国際的レベルには満たない証拠取り扱いをしたというわけで、

『有罪』の判決は取り消されたんだよ。

いやはや…ホントに

外国ってさ、文化が違えば「やり方」が違うじゃない?

イタリアは旅行で行くのには本当に美しい国で、食べ物もおいしいだろうし、人々も楽しいだろうけど、

何だろう…感情的になり過ぎる?

アメリカでは「陪審員」に選ばれると、特にこんな大きな殺人事件の場合、

陪審員たちはその裁判の間ホテルに監禁されてテレビも新聞も見てはいけないし、

家や友人に電話〜なんてことも許されない。(って聞いたよ。)

外界との接触を閉ざして、他からの「意見」に惑わされないようにするためなんだよね。

でもイタリアではそんなこともないらしく、陪審員同士で感情的な意見なんかを交換したり出来るわけ。

それって良くないよね

「同情」という感情で物を見てしまったら、真の証拠Motive(動機)を見失うこともあるでしょ?

それが一番の問題だったような気がするな。

命を失ったメレディス、それにご家族にはお悔やみを申し上げたい。

だってアマンダはこれでシアトルの家に帰って、ゆっくり眠ることが出来るかもしれないけど

メレディスはそれが出来ないものね。

一日も早く「真犯人」を見つけて(もしかしたらすでに共犯者としてつかまっているグエデ一人のしわざだったかも???)

本当の安らぎを誰もが得られるようになるよう願っています。

Perugiaは…イタリアは、無実の人間を4年間も束縛していたということ、それに無邪気にイタリア語を勉強に本場イタリアに行きたい!という若いイノセントな学生たちの数がドッと減ったりして、これから大変なことになるかもしれないね。

今日の一言外国に行く時には、外国の文化などをしっかり予習していきましょうね。
母国の「当たり前」は通じないってこと!


あ、ちなみに「無罪」の判決を信じない人もまだまだいるみたいだよ。

私は「無罪」だって思ってたけど、もしそうじゃなかったらアマンダは相当な女優だし、人間にはそこまで簡単に他人をだませないと信じてる。

彼女にはそれが見られなかったから、私は今日の「無罪」の判決は正しかったと思う!

画像


今日もありがとうね

いつも応援ありがとう

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
Extra〜extra〜!! Read all about it! おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる