おれんぢ猫の今日もひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS King & Queen

<<   作成日時 : 2011/10/30 09:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今朝のシアトル・タイムスにこんな記事がありました。

"British planning to end male succession to throne."
(イギリス王室は、男の子の世継ぎだけ認める方針を取りやめるらしい・・・って事ね。)

イギリスとその領地が話し合いの末、皆この意見に合意したみたいです。

と言うわけで、この先エリザベス女王が亡くなった時にその王位を引き継ぐのは〜

プリンス・チャールズ

そのあとを継ぐことになるのは、プリンス・ウィリアム

そしてその次に継ぐことになるのが、プリンス・ウィリアムケイトさんに生まれてくる子供、というわけね。

その子供が女の子であったなら、クイーンとして君臨することになるし、男の子ならばキング

双子だったらどうするんだろう…

早く生まれた方が…ってことになるのかしらね

国王ヘンリー8世は、きっとお墓の中で「そんなことなら自分は世継ぎの件で、あんなに苦労することなかったのにィーきィー−−っと悔しがっているかも知れないと思うのは、私だけでしょうか…

ヘンリー8世は6人もの奥様を娶ったにもかかわらず、ついに男の子の世継ぎを得ることなく死んでいったものね。
(プリンス・エドワードはやっぱり若くして死んでしまったから、ノーカウント。ごめんね

もしこれが彼の時代に起こっていたら、次の世継ぎは最初の奥様との間に出来たMaryになるってことよね。
Maryさんは後にBloody Maryというあだ名をもつクイーンとなるけれど。)

でももしそれがヘンリー8世の前に起きていたら、彼にはお姉さんがいたから彼がキングとして君臨することはもしかしてなかったかもしれない・・・!?

そんな風に考えると、今のイギリス王室は全く雰囲気の違うものになってたんだなあ〜と…

歴史って面白い

今日も秋晴れのシアトル。
お散歩行きました〜。

画像


秋って面白い雲が見られますね。

画像


ずーっとこんな日が続くといいんですが…

画像


いつもありがと〜★

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆☆注意書き☆☆
このブログに載せている写真の無断転用は、お控え下さいますようお願い致します。
よろしくネ!

☆☆猫の愛用カメラ☆☆
Ricoh CX-4
PENTAX XG-1
King & Queen おれんぢ猫の今日もひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる